フィルムには撮影の時にあたる光に対して、種類により高い(強い)か低い(弱い)かの感度を持っていて、その度合いを国際的な共通規格のISO感度として定めたものです。

このフィルムの感度はISO400といういい方をします。(旧来のASAとほぼ同じ数字です。)

ISO感度

ISO感度

デジタルカメラは、フィルム式のカメラと違って、自由にISO感度を設定できるようになりました。

これはカメラマンとして驚異的なことでした。

どの感度のフィルムを使うかで、写真の粒子が違いますし、撮影内容が決まっていない場合、複数のASA感度の違うフィルムを持っていったものです。

コンパクトカメラは、一眼レフタイプと違い、いろんな設定が少ないので、この感度を調節することで、足りない部分を補うといいと思います。

きれいな、バックがぼけたポートレートを撮影しようと思うと、感度を50ぐらいに下げると、普通に撮るよりバックがぼけます。

ただ、シャッタースピードが下がりますので手振れに注意しなくてはなりません。

フィルムの感度

フィルムの感度

もっと詳しく・・・