逆光は写真の大事なパートナー

何気ない表情でも、光の当たり方で、雰囲気が一変する時があります。

僕が好んで使うのは、逆光のシーンです。

髪の毛が柔らかい人にはとても効果的で、天使のような表情になります。

 

写真は依頼されたポートレート撮影で、自家製の本に仕上げたもので、フォトショップでデザインしています。 フィルムはネガを使い、フィルムスキャナーで読み取り加工したものです。

(まだデジタル一眼レフがない時代です。)

カメラはキャノンF1

 2 完成a 

 

撮影のポイント

逆光をうまく使う。

細かな指示を与える。

 

撮影のポイントは柔らかさを出すことにしました。そのためレンズは85mmを主に使い、逆光をメインに写真の構成をしました。 

001 原稿AA

ポートレートを撮るには、まずモデルの人に多くの指示を与えてやることが大切です。

素人のモデルの人は、プロと違い、動きや笑顔もどうすればいいかわからないのです。

ですから最初は、「右の口元をあげてごらん」とか「小指を少し曲げて」など、細かな指示を連発します。

そして指示ごとに何枚かシャッターを切っていきます。