僕は最初、液晶モニタ付きのデジカメを見た時、

液晶モニタというのは撮影時の画像を確認するためだけにあると思っていました。

しかし、最近これがファインダー代わりに使用している人が多い事に驚きました。

 

確かに大きいファインダーという言い方も通用します。

デジカメをビデオと同じように撮影するというのも、正しいかもしれません。

 

ただ、ビデオとカメラの決定的な違いは、シャッターチャンスが必要だということです。

ファインダーを片目で覗くと、その視野は液晶モニタと比べ物にならないほど広く見えます。

 

このファインダーで全体を確認して、被写体を捉え、よく見てシャッターを押す

という動作を繰り返すのです。

まるでライフルで、狩をしていると同じだと思うのです。

23ecd86b

カメラの場合は被写体をいろんな角度からまず覗き、動き回る事がコツなのです。

 

ビデオは動かないほうがよくて、カメラは動いたほうがいいのです。