先月、スマホをガラケーに変えた。


僕の生活には、何の変化もない。
いや、一つある。
毎日やっていた、携帯電話の充電をしなくなった。
とても楽である。
ガタパゴス携帯

ガタパゴス携帯

 
僕が携帯を手にしたのは、28年前である。
それ以来、番号と会社は変っていない。
最初の携帯電話は高かった。本体も通話料もである。
だから、携帯電話は着信専用だった。
電話をかけるのは、仕事場に行くか、電話ボックスに入り、テレフォンカードで電話をかけていた。
そういえば、この前戸棚を整理していたら、使っていないテレフォンカードが何枚か出てきた。
「まだ使えるな」
そう思ったが、財布に入れてもきっと使わないと思い、そのまま仕舞った。
 
テレフォンカード

テレフォンカード

(最近の若いやつらはテレフォンカードの使い方を知らないと言う)
 
 
スマホをガラケーに変えたわけは、
2度落として、表面のガラスを割ったからだ。
1度目は修理してもらった。そして3日後又落として割ってしまった。
本体は大丈夫だったが、ディスプレイにひびの入ったスマホを眺めて、もうガラケーに変えようと思ったのだ。
 
タブレットも持っていて、ネットの環境は整っている。
契約の縛りもなかったので、すんなりと変更できた。
 
新らし物好きなので、スマホにもすぐ飛びついた。
友人から持っていたスマホを見せられて、僕の心にもすぐ火がついた。
スマホのアプリで気に入ったのが、星座が見れる奴と、カーナビだ。
しかし、やはり後輩が持っていた、アイパッドにも火がついた。
すぐ火がつくのだ。
しかし、みんなの言うとおり、熱しやすく冷めやすい。
色んな理由を付けて、スマホを解約した。
 
そして、最初に書いたとおり、ガラケーに変えたのは正解だった。
新しいスマホは、中途半端に大きくスーツの何処に入れていいか悩んでいた事に開放されて、正直ほっとした。
 
スマホが悪いとは言わない。
速い回線もスタートし、スマホは電話ではなくパソコンだ。
パソコンだから何でも出来る。
だけど、最初は電話の進化形のはずだった。
しかし、蓋を開けてみれば、パソコンの中に電話の機能が入った物だった。
電話の機能がついている限り、バッテリーが無くなることはまずい。
そして、何時も持ってあるかなければならない。
これが、精神的な縛りだったのだ。
それが何時も頭にあったのだ。
バッテリーがすぐなくなるのは、色んなソフトが情報を更新し
アクセスを繰り返すためだ。
 
ネットを見ると、アプリを切って、電池を長持ちさせる術がたくさん載っている。
何という矛盾だろう。
結局僕はそこに行き着いてしまったのだ。
電話は電話の方がいい。
小さくてスーツの何処でも入れられて、一週間くらいほっといても、電池がなくならない物。それはガラケーだった。
 
というわけで、ネットはタブレット。電話はガラケー。
確かドコモでも推奨しているスタイルだ。
 
結局僕は新しいスタイルに、飛びついただけかも知れない。
 
ただ、自分のスタイルは何かというのが、少しわかったような気がしている。