韓国ドラマを見ると、女性が美しすぎるのに気づく。
 
友人に聞くと、「整形だよ」と言う。 韓国では「就職活動前に整形するのは普通」らしい。
 
日本でも芸能人の整形はニュースになるし、整形美女を取り扱ったバラエティ番組も何度か見た。
 
「全身整形美女モデル・ヴァニラ」という人は、番組で「自分という原型を消し去りたい」とうの意味の発言をしてる。
整形総額2000万円以上!ヴァニラ

整形総額2000万円以上!ヴァニラ

 
ここまで来ると、明らかに、心理学的に問題があるのは間違いない。
 
「消失願望」という心理学の言葉がある。
 
文字通り、自分を無くしたいという負の心の衝動である。
 
神経症(ノイローゼ)、内因性うつ、対人恐怖(社会恐怖) 果てには自殺願望が表れる人もいる。
 
何故、整形するかというと、基本的には「コンプレックスの解消」だ。
 
 
「綺麗な方が得をする社会」が、整形する人の切り札である。
 
その事について反論はない。
 
 
大昔から、人類は外見で判断してきた。
 
人種間の違いは、容易に偏見をうみ、黒人、アジア人などの有色人種は、白人から「劣等種族」として迫害を受けている歴史が今でも残っている。
 
見た目はそれ程重要なのだ。
 
「綺麗な方が得をする」という価値観が徹底しているのが韓国だろう。
 
 
 
あるブログに載っていたが「日本のブスはなぜ整形しないのか」というものだった。
 
「韓国では整形は化粧みたいなものです」
 
「韓国ではブスに対するいじめがひどい」。
 
、韓国がほこる驚愕技術「美容整形手術」

韓国がほこる驚愕技術「美容整形手術」

 
 
このことから整形をする方が、快適に生活を送ることができると語ったのだ。
 
就職活動で得をするから整形する。
 
という言い分は、本音すぎて逆に気持ち良い。
 
韓国では、かなり見かけ重視とも言える。
 
しかし、みんなが同じ様な美形なら、次は能力や性格が重要視されるはずである。
 
そうなれば、案外、外見ではない中身が問われる理想的な社会となるかもしれない。
 
 
日本人の場合、整形して得られる満足感と、手術をして秘密を抱え込んでしまう気持ちを天秤にかけた時、一生抱え込む秘密はあまりにも煩わしい。
 
例えば、目を二重にして、本人は満足している。
 
腫れぼったい目で顔がぱっとしていなかったのが、二重にするだけで印象が変る。
 
長年のコンプレックスが解消できたのだ。
 
目だけなので大元はそんなに変らない。
 
しかし「あの人、整形してるのよ」と陰口が知れ渡ると、人格までが疑われてしまう。
 
それはやはりつらい事だろう。
 
芸能人で整形した人たちを、悪人かのようにさらし者にされる状況と全く同じである。
 
「しなくても可愛いのに」というコメントが必ずつくが、本人のコンプレックスは、本人しかわからないのだ。
 
日本における整形のタブーとは、美に対する価値観にもとづいている。
 
日本庭園や日本料理に見られるような、自然の美に評価が高まる。
 
天然にこだわる。
 
そこが一番だろう。
 
僕はカメラマンなので、女性を撮影する場合、当然見た目にこだわる。
 
しかしその女性が整形美人だとしたら、写真の価値は随分落ちるだろうし、撮影意欲も半減してしまう。
 
美容整形

美容整形

 
 
僕の場合、天然の美しさは神の意志を感じるのだ。
 
美しいということは神々しささえ感じる。
 
美しさは、神様が作った物。そしてそれは色んな所にある。
 
それを探し出すのが、僕の仕事だと思っている。
 
 
僕は、人工的な美しさにはあんまり興味が無いのだ。
 
最近の流行り言葉に、「ぶさかわ」というのがあった。
 
不細工だけどかわいいという意味だ。愛嬌があるという事だと思う。
 
日本人の好みが出てきている言葉だろう。
 
 
 
諸行無常という言葉も日本人の気持ちにぴったりだ。
 
この世に、恒久的に存在する物はないのだ。 それは美しさも同じである。
 
花は散り際が美しいという。
 
もののあわれを感じるのだ。
 
整形美女や整形男子について、考えていくとそれほど考えなくなった。
 
それは、現世利益を説く、新興宗教の様に思えてきた。
 
 
「美しければ得をする」 その言葉を胸に秘めて、手術台に向かう男女の姿がある。
 
それでもいいのだ。 それは、形を変える事で、心が変っていくからだ。
 
大きな心の病に、引きずられなければ、いい事かも知れない。
 
 
美人は三日で飽きる。ブスは三日で慣れる。
 
女性には大変失礼な言葉だが、見た目は大切だけど、人はそれに飽きてしまうのだろう。
 
次から次へ、新しい美人か登場するグラビア 男性は、新しい美女を求める。
 
観賞用の女性はそれでいいのだ。
 
美しさは永遠に続かない。
 
美しさを賞賛されるのは、ほんの一時だ。
 
美しさは素敵だけど、人が作る美しさには何も宿らない。
 
 
魂のない美しさは、やはり空虚だ。
 
人工ダイヤモンドで身を飾る事 それが素敵かどうかは、本人が決める事だ。