三日ほど前、朝食を食べ終わり立ち上がった瞬間 いきなり来た。
 
来た瞬間「ぎっくり腰」だとわかった。
 

ぎっくり腰

 
10年ほど前、一度味わった事がある。
 
その時は、畳の上に崩れ落ちてしまい、何日かは這いずり回って暮らした思い出がある。
 
何の前ぶれもなく突然起こるので、ヨーロッパではぎっくり腰を「魔女の一撃」と呼ぶらしい。
 
今回は歩けたので、「魔女の一撃」というより「妖精のキック」くらいか。
 

魔女の一撃

今やっと痛みが薄らいできたが、少し考えた。
 
母親の事である。 足が悪く、杖をついて移動する。四つん這いで物を取りに行く。
 
頭ではわかっているのだが、母の痛みはわからない。
 
しかし自分が「妖精のキック」で動けなくなると、母の事を思った。
 
こんな痛みなのか。 思うように動けないという事はこんな事なんだな。  
 
 
「同病相憐れむ」 同じ病気、同じ悩みや苦しみをもつ人は互いにいたわりあい、同情しあう。
 
そういう事である。 人というのは、なくしてみないとわからない事が多い。
 
誠に、そういう事である。
 
ネットにぎっくり腰の諸注意があった。
 
 
正式には「急性腰痛症」 突然の負担で発生 ぎっくり腰は繰り返す 治療法 2~3日は安静 温めないほうがいい 数日たったら鍼灸などで治りを早める 痛みが続く場合は病院へ
 
 
 
直ってしまうと、こんな事は忘れてしまうんだろうな。
 
こまったもんだ・・