人は日の当たる道を歩みたいと思う。

いろんな事が見え始めると「日陰にいる自分」に不安になる。

男としてみれば当たり前のことである。(女性も同じもんだと思うけど、違うかもしれません)

s-51ymNrroNTL

日陰ではないんだけど、脚光を浴びたいと思う。

それは「成功」の匂いがするからである。

成功とは功が成ると書く。

認められる事。

イコール「金持ち」「有名人」「できる男」「優秀」 男としてみれば、いろんな褒め言葉の最上級である。

 

だけど、それを得たからとって、人生にとってどれだけの重みがあるだろうか。

生きてきた証、存在理由。

いろんな言葉が思いつくけど、 ただの自己満足でしかない場合が多い。

 

日陰と日向

「影日向の無い」男

無心というものか。

そんな男が、いいなと思う。

 

そんな男になるには時間が必要である。

いい男になるのは難しいね。