s-header_01
 
60才目前となると、「老後」が目の前に迫ってくる。
 
そうなると、世知辛いが金の話しになる。
 
僕は離婚しているので独り身である。
 
子供達は今年来年に大学を卒業する。
 
更に高校入学をする息子が一人いる。
 
まだまだ、金が要るのである。
 
 
若い頃はカメラマンを目指し、地元に戻りスタジオを経営する。
 
ヨーロッパに行ったりして、結婚が35才。
 
ということで、まだ子供達は若いのだ。
 
 
同世代の仲間と飲むと、退職金や貯蓄、年金の話が出る。
 
この時ばかりは、夢多く冒険に満ちた人生を歩んだ奴よりも、堅実で役所勤めの奴が、羨望の的になる。
 
 
今の日本のお金の仕組みには、色々不満がある。
 
しかし、やはり個人の考え方が大切だと思う。
 
僕の親戚に、老後の年金暮らしのことを気にかけて、全額国民年金を払い
 
もう少しで、年金受給の歳になる目前で、病気で亡くなってしまったおばさんがいる。
 
優しく、しっかり者のおばさんで、親戚が大いに悲しんだ。
 
心穏やかな老後を夢見ていたのだろう。
 
 
さて、自分はといえば、好きなことをやってきた人生である。
 
蓄えなどない。
 
だから、死ぬまで働くだけである。
 
定年退職して、夫婦で穏やかに、晴耕雨読の人生を送ろうとしている人とは真逆である。
 
 
しかし、本当に「夫婦で穏やかに、晴耕雨読の人生」というものが存在するのであろうか。
 
 
60才はまだ若い。
 
引退するには早すぎる。
 
会社勤めの人は、今までの人間関係がある程度リセットされ、第2の人生となろう。
 
NHK土ドラ「55歳からのハローライフ」を見たが、ドラマとはいえ人生様々である。
 
55歳からのハローライフ

55歳からのハローライフ

 
人は、きっと意味があって「生」を授かったと思う。
 
生まれてきた役目を果たすまで、生きていくのだと思う。
 
 
これは私の「宗教」である。
 
60才からは病気との闘いである。
 
体も大切だが、心の張りも大切である。
 
心身。心と体は一体と思う。
 
20歳の時と同じように、先の見えない未来を歩むしかないのだ。
 
金がすべての世の中なのか、これから確認することになるだろう。