長崎県の五島列島にある有川という場所に仕事で行った。  

五島列島は、大小合わせて130の島により構成されており、福江島、久賀島、奈留島を下五島、若松島、中通島を上五島と呼びます。上五島は、南から奈良尾町、若松町、上五島町、新魚目町、有川町の5町で構成されておりましたが、平成16年8月1日合併して新上五島町が誕生いたしました。

 

長崎には、五島出身の人が多く、僕の記憶では「林田」「岩永」姓の人は殆ど五島出身の人だった。

そういう僕も、父の故郷は宇久島である。

五島列島は古い教会も多く、海とキリシタンの美しい島々の集まりである。

そんな五島の名物の一つに「うどん」がある。

細麺の五島うどん

細麺の五島うどん

細くて腰が強い。僕は大好きである。

しかし、世間では讃岐うどんがメジャーで、太くて腰のある麺が人気だ。

だが、僕は讃岐うどんが苦手なのだ。

麺が太すぎて、腰がありすぎる。

 

先日も息子と有名な讃岐うどん店に入って、ぶっかけを食べたが、全部食べきれなかった。

まずいわけではないが、飽きてくるのだ。

 

世間の感覚と僕は合わない。

スパゲッティも、アルデンテより、もっと柔らかい方が好みだ。

 

ソフト麺と言われるインスタントのスパゲッティも好物である。

製造元は違うけどこんな風の麺

製造元は違うけどこんな風の麺

五島うどんは、長く煮て柔らかくして食べる。

肉もしっかり焼いた方が好きである。

こういう事をいうと、「食通」のラインからはずされてしまうらしい。

 

世間でいう美味しい食べ方は、本当に美味しいのだろうか。

誰かが言い始めて、定番になっちゃったんじゃないか。

食べ物は好みで始まり、好みで終わる。

これからも、僕の「好み」が変わることはないと思う。

有川のうどん屋さん。

地獄炊きを注文したら、天ぷら付きの釜揚げうどんが出てきた。

僕の記憶では地獄炊きというのは、柔らかく煮込んだうどんだと思うのだが・・

有川のうどん