Peach AviationのA320

Peach AviationのA320

 
ピーチの搭乗口は、一番端っこにあった。
 
なんとなく納得。 搭乗が始まる。
 
「窓側の方から受付をします」というアナウンス。
 
飛行機内の着席の際の混雑を避けるためのようだ。
 
改札口には、その指示がわからなかった人たちが、脇に待たされていた。
 
これも納得。
 
ピーチでは窓際や通路側を指定すると料金がかかる。
 
格安のためにピーチを選んだのだが、僕は窓際が好きなので、贅沢をした。
 
キャビンアテンダントの方もてきぱきと指示。
 
その口調も指導員的な感じがするが、きつい対応ではない。
 
これは、その人のキャラクターによるだろうな。 客席は狭い。
airnai
 
真ん中の席の人は窮屈そうだ。 これはしょうがないと納得。
 
有料と無料の違いである。
 
離陸前のキャビンアテンダントの方の説明。 緊急時の対応だ。
 
通路に並ぶキャビンアテンダントの方の容姿を観察。
 
失礼ながら、高嶺の花といった感じはない。
 
これは、僕の偏見である。 これも納得。
 
速やかに離陸。 快適である。
 
ラジオのイヤホンなどないが、問題ない。
 
飛び立ってしばらくすると 新幹線みたいに売り子さんが来る。
 
庶民的である。 僕はアルコールが欲しかったので ニッカハイボール(乾き物おつまみ付きーpeachオリジナル)を頼む。
 
アサヒ ブラックニッカ ハイボール缶

アサヒ ブラックニッカ ハイボール缶

 
500円だ。
 
ハイボールを飲みながら、窓の外を見る。 なかなか気分が良い。
 
ピーチ

ピーチの旅客機から

 

おじさんは何処でも酒を飲む。

 
僕も不謹慎と言われない程度に飲む。
 
 
飛行機の中で地上をみながらの一杯は格別である。 とういことで無事到着。
 
片道だから5000円を切っている。 やはり安い。
 
窓際の席とハイボール 格安の中での゛贅沢゛が味わえた。
 
ピーチの旅は納得である。