カードローンとダイエット

カードローンとは銀行や消費者金融が出している個人用の無担保ローンの事です。

各銀行が競って申込み者を募っています。

クレジットカード

クレジットカード

このカードローンは、限度額内であれば何度でも出し入れが出来ます。

急な出費のサラリーマンや個人事業主にとって、大変助かるカードです。 ただし、借金には変わりないので使いすぎには注意が必要です。

このカードローンの使いすぎをコントロールする方法は、ダイエットと同じです。 食べ物がおいしい時つい食べ過ぎで肥満になってしまいます。そんな時一大決心をしてダイエットに望みます。

色んな方法がありますが、適度な運動と偏らない食事制限で体重と体調を元に戻そうと努力します。

肥満になりかけた時と、カードローンの借入金が多くなった時とは、全く同じ症状と言えます。

一般的に、個人が借金を重ねて破綻していく元凶のように言われていますが、現実はそうではありません。

商品を買った時に組むローンと呼ばれる分割払いが重なることから、破綻は始まります。

つまりクレジットカードから破綻は始まるのです。

若い方が仕事を始めた時期に初めて作るクレジットカードの限度額は30万円ほどです。

しかし、勤めている会社の信用度が高かったりすると、だんだん使用限度額を上げられるようになります。

そのうち少額の利用限度額のカードがその内ドンドン溜まっていきます。

その物品を買ったクレジットカードの支払いに、カードローンを利用すると危険な兆候です。

カードローンは毎月の支払額が決まっていますので、その限度額で返済をまかなえるのですが、それも時期にいっぱいになっていきます。

困った女性

その次に利用するのがキャッシングと呼ばれるシステムです。

カードローンはローンという名前がつくので、分割払いですがキャッシングは一括返済になります。

自分の支払いの限度額と、銀行や金融会社が判定する限度額は違うと認識しましょう。

借金も財産の内という言葉がありますが、手元にあるカードの限度額はバブル経済と同じで、実態が希薄です。

クレジットカード、カードローン、キャッシング。

これらは悪の元凶ではありません。社会的に見ても不正などみじんもありません。

やはり、自分の支払限度額をまず知りましょう。

地位や立場の違いがありますので、他人と比較しても意味がありません。

子供がいる人といない人では、同じ年齢でも自分の支払限度額は違います。

 

一般的にカードローンの借入金が限度額の半分を超えると、利息は毎月の支払いの半分以上になります。

 

使用が過多の方にありがちなのが、カードの使用明細をおおざっぱに計算している人です。 そして支払金額だけはっきりわかっている人です。

 

借金は悪いことではありません。 返済が計画的なら生活を豊かにすることが出来ます。

妻と子供のために家を買う。

その為の支払いの苦労は、妻の満足する顔と元気に走り回る子供達のはしゃぎ声で、完全に癒やされます。

車のローン、教育ローンと上手に利用すれば破綻はありません。  

家族写真