最近気になるのが、ムービーの規格の事です。

困った

 

仕事でMovieの納品の話をしている時、県庁の若い担当者から、

「撮影はハイビジョンでお願いします。納品はDVDでお願いします」

こんな会話である。

 

「ハイビジョンはDVDに出来ない」

 

その事を若い担当者にいうと「はぁ?」という顔をされる。

どうも、そのあたりの言葉がよくわかっていないらしい。

 

  スポンサーリンク
 

ムービーの規格

ビデオのタイプは沢山あるけど、僕たちの生活に関わっているものだけを述べる。

DVD

このDVDだが、何の略かと聞くと デジタル ビデオ ディスク という人が多いが 正解は「Digital Versatile(ヴァーサタイル)」Disc という。

ビデオサイズは、SD(スタンダード)サイズで、 720×480(ピクセル)だ。

つまり、DVDはどんなに映像が綺麗でも720×480(ピクセル)。

 

テレビを見る  

 

現行のテレビは、ご存じの通りハイビジョンという。

ハイビジョンにも3とおりあって テレビのハイビジョンは 地デジの場合1440×1080ピクセル BSデジタルが1980×1080ピクセル  地デジよりBSデジタル高画質である。

 

レンタルビデオ店には、DVDとブルーレイがあるが ブルーレイがハイビジョンだ。

色んな誤解や思い込みがあるのは、このレンタルDVDが原因だと思う。

映画などのDVDは、ハイビジョンテレビでも綺麗に見える。

ピクセルサイズからいえば縦横を2倍に拡大してみているのだが テレビサイズが小さいと、ハイビジョンもDVDも同じに見えるのだ。

 

「なんだ、変らないじゃないか」 そう言う方が多い。

 

DVD

 

しかし、映画DVDは元々が質を良くして制作されている。

一般の家庭用DVDとは、ものが違う。

 

画質が良い、悪いには、ビデオサイズ以外にも制作過程が大きく影響しているのだ。