最近はiPhoneなどのスマホのカメラ機能にも搭載されている手法。

1枚の風景の露出を複数の段階で撮影。

それらを合成して1枚の写真にします。

こうすると、明るいところ暗いところまではっきり写り、その合成の手順の調整次第で様々な雰囲気になります。

三脚が使えない時は、ローデータで1枚撮影し、ローデーターを現像する際3段階の明るさで出力して、それをHDR加工します。

フォトショップにも機能はついていますが、僕の場合Photomatix Proというソフトを購入して加工しています。