正しい寸法の図形を書く

  イラストレーターを使う理由に正しい寸法で印刷物が作れる事にあります。

A4の紙に、何センチ何ミリというサイズが正確に作れるのです。

こんなソフトは、フォトショップとイラストレーター位でしょう。(他にもあると思いますが、使った事がありません)

図形の書き方

  イラストレーターで図形を書く時、ツールバーから描きたい図形を選択して、アートボードの上でドラッグすると、ドラッグした所から図形がかけます。

正方形や真円を書く時は、シフトキーを押しながら書くとたて横の比率が一緒になるので、正方形がかけるのです。

正確な大きさが必要な時は、アートボードの上でクリックをすると、大きさのダイアログボックスが出てきますので、数値を入れます。

イラストレーター正確な図形 この

数値は、次回クリックして変更されるまで、この値が維持されます。

イラストレータースターツール

スターツールは、第1半径と第2半径があり、その差でトゲトゲ感を調節します。  

図形には面と線があり、ツールバーの描写色、背景色で有る無しや色を操作できます。

イラストレーター図形

 

普通は外側から図形を作るのですが、 オルトキーを押しながらドラックすると、中心から円や長方形を書く事が出来ます。