ダイエット

運動をすることは、ダイエットに欠かせないことです。

人間が運動しなければいけない理由は、筋肉量を増やすことで基礎代謝量をアップさせ、消費エネルギーを増やしていく必要があるからです。

また運動は疲れをとったり、病気を防いだり、精神的にもストレス解消に役立ちます。

有酸素運動

  どんな運動がいいかというと、有酸素運動がベストです。

有酸素運動は、エアロビクス、エアロバイク、ウォーキングなどで弱い力で長時間出来る運動です。

ヨガ この効果は体脂肪を使い切ることにあり、脂肪を燃焼させるには酸素が必要なので、有酸素運動を20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こります。

有酸素運動と思っていたはずが、頑張って走りすぎてしまうと、浅い呼吸になってしまい、脂肪を燃焼させる酸素が不足になってしまい、カロリーはへりますが、脂肪は減ってくれません。

無酸素運動

  有酸素運動は脂肪を燃やしてくれるのですが、基礎代謝を高くするには無酸素運動が最適になります。 筋肉トレーニングや短距離などの運動は、酸素を補給しないので長時間運動は出来ないのですが、筋肉を使うので糖質を減らすことが出来ます。

ダイエットには、実はこの二つの運動のバランスが重要になっています。

腹筋トレーニング

基礎代謝を高めるには、筋力トレーニングなどの無酸素運動が適しています。

筋肉をつけることで血液の流れ、酸素の供給などを活発にさせてエネルギー消費を増やし、基礎代謝を増やしてくれます。

基礎代謝が高くなれば、ねている時でも脂肪を燃やしてくれるので、太りにくい体になることが出来ます。

もし運動ダイエットを始める場合、この二つのことが基本ですので無酸素運動と有酸素運動を取り入れれば理想的な運動ダイエットになります。  

理想的な運動ダイエット

  運動の前はストレッチをやり体をほぐします。

ストレッチは無酸素運動ですので筋肉を使っています。

その後、有酸素運動のランニングをすると脂肪を燃焼させることが出来、最後にストレッチをして身体を整えると、理想的な運動を行なう事が出来るのです。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

 

  ダイエットに近道無し いつもやっている運動を、続けるのが一番のようです。