「相撲は契丹の格闘技が日本に伝わってきて相撲の原型になった」と記述している。

契丹は4世紀から14世紀にかけて、満州から中央アジアの地域に存在した半農半牧の民族である。

日本の4世紀というと、古墳時代にあたる。

 

相撲は格闘技だから、いろんな国に似たものはある。

ヨーロッパでいうとレスリング系統の競技だ。

相撲の起源は日本書紀にも記述があり、武芸・武術として相撲があったのは定説のようだ。

まあ、大陸から渡ってきたという説もあるのかもしれないが、契丹の格闘技が原型だという日本人は極めて少ないと思う。

このあたりが、アメリカ人の日本人に対する認識だ。  

まあこれくらいは可愛い方か。

あの洋画に出てくる日本の描き方は、笑ってすまされる程度を越している。 とくに、忍者、鳥居、お辞儀がひどい。

相撲

相撲の話に戻るが、今回の琴奨菊の優勝を 「21世紀の蒙古襲来を退治した、琴奨菊」と書いている。

これはその通りだが、モンゴル勢の活躍を蒙古襲来と書いているのが、なんとなくアメリカ人らしい。

また、日本列島は文化の吹き溜まりのように、ユーラシア大陸のあらゆる文化が導入されて、定着した民族だそうだ。

そして相撲は国際化されているので、スポーツを国威高揚に使っている西洋国は見習うべきだとしめている。

悪くは書いていないのだが、一つ一つが小魚のとげのように、僕の心を刺激した。

それは私のナショナリズムのせいだろう。

 

もうひとつ、経済関係で、日本人ボスの下での働き方を掲載している。

「例えば、アメリカ人は日本人の重役に自己紹介する時、お辞儀をするかどうかで思い悩んでいる」 そんな記事である。

記事自体はまともなのだが、こちらも魚の小骨のようにひっかかる。

たまには、ニューズウィーク(日本語版)のようなアメリカ雑誌を読むのもいい 。  

newsweek