天地真理

天地真理さんである。 うーん。微妙に似ていない。

似顔絵を描くつもりではないのだが、やはりモデルを描いているので、似ていても不思議ではないのだが。

ある程度の輪郭はトレースであっているのだが、微妙な陰影や線の強弱で、顔は違う方向に向かう。  

 

 

天地真理

天地真理

天地真理の登場は衝撃的だった。

上を向いている鼻は、彼女の場合可愛くつぶらな瞳はキラキラとしていた。

あの鼻はアップノーズと言うらしい。

TBS系『時間ですよ』の「隣のまりちゃん」 可愛かったですね。  

昭和のアイドルの登場のしかたはいつだって衝撃的だ。

女性は、人生の中でオーラを放つ瞬間がある。

そんなに絶世の美女ではないのだが、そのオーラが輝き出す時に僕たちはブラウン管の中で出会う。 啐啄同時といえるだろう。

 

輝きだそうとする時と、アイドルを求める僕たちが、偶然に出会うのである。

作られていない天然の初々しさが、輝きを放つのである。

だから、時間がたつと色あせてしまう。

しょうがない。  

 

ウェブで年齢を重ねた天地真理さんを見た。 普通の方である。

しかし、僕たちにはイメージが強すぎたので、見たくはない写真だ。

 

彼女が特別ではなくて、年をとるというのは生物の掟である。

しかし、あの人は今などといって、さらし者のようにするのはやめた方が良い。  

アイドルはその時間にしか存在しないから。