シュワルツネッガーが出ていないターミネーター。しかしよく出来た映画だと思う。

ターミネーター4

ターミネーター4

機械軍「スカイネット」による核戦争後、ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル サム)はかろうじて生き延びた人類と共に新たな軍へ参戦し、スカイネットとの戦いに挑んでいた。そんな中、コナーの前に脳と心臓以外全てが機械化された謎の人間、マーカス・ライト(ワーシントン アントン)が現れる。

《製作》 モーリッツ・ボーマン
《監督》 マックG
《出演》 クリスチャン・ベイル サム・ワーシントン アントン・イェルチン ムーン・ブラッドグッド

シュワルツネッガーの存在は大きい。

誰もが期待するのだが、主役のいない映画に失望する。

じつはこの映画を見るのは2度目である。

オンデマンドで見れる最大の利点は、昔見た映画を無料でもう一度見ることが出来るという事だ。

この映画は2009年に作られている。

それから7年後にこの映画を見たのだ。

当初のシュワルツネッガー不在のがっかり感はなく、まったく違った映画としてみることが出来た。

 

そこで気づいたのだが、この映画よく出来ている。

実は最後にシュワルツネッガーのターミネーターは登場する。

それが嬉しい。

映画はみる時代と、見る時の年齢で感じ方が変ることを知った典型的な作品である。