題材は好きなのだが、よく分からなかった作品。

アイ・フランケンシュタイン

アイ・フランケンシュタイン

『アンダーワールド』のスタッフが手掛けたSFアクション。現代まで生き残った人造人間フランケンシュタインが、悪魔と天使の全面戦争に関わるさまを活写する。
フランシュタインのモンスターは実在した!伝説の魔人が神と悪魔の闘争に殴りこむ。

何かの作品に似ているなーとおもい、後で調べてみたら、同じ原作者による「アンダーワールド」シリーズとクロスオーバーさせる計画があったらしい。

アンダーワールドもやたら暗い映画だったような気がする。

暗すぎる映画はつかれる。

 

向こうの人は、悪魔やドラキュラが大好きなようで頻繁に出てくる。

しかし、作り方によってはつまらないキャラクターに成り下がる。

ゾンビもそうだ。

都合が悪い場面とか、理屈に合わない場面ではゾンビが大活躍したりする。

この手の映画には、特にストーリーが大切だと思う。

こけおどしの絵づらだけでは、価値がない。

というわけで★2つ