SFの上、アマゾンプライムビデオだったので見た作品。シリーズものなので、シリーズの知識があったほうがもっと面白かったのかも知れない。

アマゾンさんがシリーズを企画してくれないかなと思う作品だった。

スターゲイト:真実のアーク

スターゲイト:真実のアーク

映画から始まり、テレビシリーズが10年間続いたスターゲイトSG-1の完結を描いたDVDムービー第1段!
世界最長SF TVシリーズが100分のスペシャル・ドラマで、ついに幕を閉じる! 宇宙を救う唯一の鍵、それは《箱(アーク)》だった――
出演: ベン・ブロウダー, アマンダ・タッピング, クリストファー・ジャッジ, マイケル・シャンクス
監督: ロバート・C・クーパー


昔タイムトンネルという映画があった。これがワープ系のSFドラマの最初だったと記憶している。

1966年タイムトンネル

1966年タイムトンネル


調べてみると、1966年秋からアメリカABCで1シーズン放送されて、日本では翌1967年春から放送されていた。

 

 

何本かスターゲイトの映画も見た記憶がある。

トンネルを越えると異次元に行くというのは、けっこう安易な設定である。

だからこそ、構成や嘘くささの払拭が徹底がないと、一気に興味がそがれてしまう危険もある。

「スターゲイト」もその危険性の臭いがするが、とりあえずクリアーしていると思う。

最新の映画技法で作られれば、必ず見たいと思う作品だった。