s-2003080809

日本人なら、夏の台風はおなじみである。

その被害の大きさや怖さはいやというほど知っている。

今年もきっと大きな台風がやって来る。

大きな被害に遭わないために、天気予報の豆知識をまとめてみた。

台風とは

台風は、熱帯・亜熱帯の海洋上で発生する熱帯低気圧が発達したものである。

台風の基準は、中心付近の最大風速(10分間平均)17.2m/s(毎秒)以上というものである。

江戸時代には熱帯低気圧を中国にならって颶風(ぐふう)と訳した。

明治の初めにはタイフーンまたは大風(おおかぜ)などと表していた。

台風番号とは気象庁が台風と認めたとき、その年の発生順に付ける番号。

強風域
台風や発達した低気圧の周辺で、平均風速が15m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。

暴風域
台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。

台風17号の風雨で倒れ、道路をふさいだ街路樹

台風17号の風雨で倒れ、道路をふさいだ街路樹

台風の進路予報表示の例

台風は反時計回りなので、台風の右側が、風と雨が強くて危険。

12a

 

台風の進路予報表示の例

台風の進路予報表示の例

 

台風の5日先までの進路予報表示の例

台風の5日先までの進路予報表示の例

ヘクトパスカルとは

むかし日本では「ミリバール(mbar)」といっていた。

1992年から国際標準に合わせてヘクトパスカルを使うようになった。

1ヘクトパスカルは100パスカル。

ヘクトは100倍という意味

パスカルというのは圧力の単位

圧力の法則を考えだしたフランスの科学者・パスカルからとったもの。

パスカル

パスカル

台風の中心付近の気圧を表していて、この数字が低いほど台風の勢いが強くなる

中心気圧が低ければ、周りから大気が勢いよく流れ込むことになり、この勢いが風の強さになります。

日本周辺の平均気圧は1013ヘクトパスカルとなっている。

最もヘクトパスカルが低かったのは、1961年の第2室戸台風で925ヘクトパスカル

第二室戸台風 昭和36年(1961年)

第二室戸台風 昭和36年(1961年)

伊勢湾台風では上陸時929ヘクトパスカル

1959年9月27日 愛知. 台風15号 伊勢湾台風

1959年9月27日 愛知. 台風15号 伊勢湾台風

 

世界の呼び名

熱帯低気圧のうち、台風は太平洋北西部で発生したもの

ハリケーンは大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部で発生したもの

サイクロンはインド洋北部・インド洋南部・太平洋南部で発生したもの