オンデマンドのサイトが増えてきている。

映画オタクとすれば嬉しい限りである。

各サイトで特徴はあるが、やはり自分に合ったサイトを選んだ方がいい。

現在私は、U-NEXT(1990円)に登録している。

チャンネルの豊富さとコンテンツ数10万以上というのが理由である。

逆にやめたのは、

Hulu 993円

NHKオンデマンド 特選ライブラリー見放題 税込み972円

dTV(ディーティービー) 500円

である。

やめた理由は様々だが、各サイトが悪いというわけではない。

時間とお金に余裕があれば、すべてに入っていてもよい。

しかし、日々生活しているので時間的に見ることが不可能なのだ。

私が選ぶポイント

見つけやすさ

コンテンツの量が多くても、見つけ出せなければその数は無意味であることを強調しておく

発表されているコンテンツ数に惑わされてはいけない。

いかに自分が好んでいる作品を多く、簡単に探し出せるサイト作りをしているのかがポイントである。

私はすべて、大型テレビ(55インチ)で見ている。

U-NEXTの番組を見るには、テレビのネット機能(U-NEXT対応)に切り替えてみるか、U-NEXT専用端末でみるかである。

私の場合、U-NEXT専用端末の無料プレゼントというのにつられて視聴している。

この端末はよく出来ていて、映画を探し出すのにストレスが少ない。

現在も加入しているのは、専用端末のせいともいえる。

月額以外のお金が必要

U-NEXTの不満は、見放題の番組に限りがあることだ。

U-NEXT

U-NEXT

面白そうだと思っても、300から600ポイント必要なコンテンツが多い。

毎月1000ポイント付加されているので見れるのだが、ポイントは新作を見るために使いたいのでそう簡単にポイントを使いたくない。

これが、けっこうストレスになる。

見たいコンテンツの量

映画オタクといっても何でも見るわけではない。

私の場合ラブストーリーは見ないし、アニメやバラエティーにも興味がない。

音楽のライブも見たことがない。

各社のコンテンツ数には、映画以外のコンテンツもたっぷり含まれているので、そこを考えたほうがいい。

いままでいろんなサイトに登録したが、結局ほとんど同じくらいという感想である。

一番お気に入りは、今はやめているがNHKオンデマンドは好きである。

NHKオンデマンド

NHKオンデマンド

昔の大河ドラマは、ほとんどこれで見た。

サイエンスや歴史番組も多いので楽しめる。

NHKのコンテンツは、U-NEXTでも見れるようになったので、タイミングを見て再度入ろうと思う。

お勧め

今一番のお勧めはアマゾンプライムムービーだ。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

これはアマゾンのプライムに加入した人が無料で見れるのだが、そのコンテンツが絶妙なのだ。

どのサイトにも共通の映画はある。

しかしU-NEXTではポイントが必要でも、アマゾンプライムは無料で見れた番組も多い。

そんな事がけっこう多い。

また、日本映画のコンテンツも充実している。

これは、アマゾンプライムのチョイスが、私の嗜好に合っているからだと思う。

少しマニアックなチョイスだと思うが、すべて無料なのでストレスがない。

アマゾンは買い物によく利用するので、プライムムービーは見続けると思う。

好みはあるが、お勧めである。