深夜食堂

深夜食堂

テレビ番組だ。最近料理を扱った番組が増えたようだ。

深夜食堂は定食の世界をベースにして、その料理に絡むペーソスある話しが展開されていく。

1話ごとの盛り上がりはそれほどないのだが、つい見はまってしまった。

 

『深夜食堂』(しんやしょくどう)は、安倍夜郎による日本の漫画作品。2007年8月からは『ビッグコミックオリジナル』で連載されている。

新宿・花園界隈の路地裏にあると設定されたマスター1人で切り盛りする小さな飯屋で、深夜0時から朝の7時頃までの深夜にしか営業しないことから、のれんには単に「めしや」と書かれているにもかかわらず常連客から「深夜食堂」と呼ばれている。

メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎しかないが、マスターができるものなら言えば何でも作ってくれる。この店を舞台に、マスターと客たちとの交流を描く。小林薫主演 ウィキペディア

 

この番組は役者が安定している。

店主の小林薫は、この役にぴったりだ。

昔から好きな役者だったが、この手の役はぴったりである。

理由ありの暴力団幹部、ストリッパー、毎回ゲスト出演する美少女達。

わかっているのだが、次第にそれが心地よくなっていく。

 

定番のストーリー、毎回テーマになっている定食、結末はハッピーエンド。

若い時だったら見向きもしない番組だが、今は違う。

お年寄りが水戸黄門が好きな理由がわかりはじめてきた。


料理だが私も作るのが好きである。

番組に出てくる料理は、卵焼きだったり、赤いたこウインナーだったりと身近である。


夜中にこの手の番組を見ると、猛烈に腹が減ってくる。

料理番組は卑怯である。

ストーリー以外に、食欲を刺激してくる。

s-6695f218c56fcdf0c1ed4e877c373acae4379b81

 

Impression


番組の評価はいろいろある。

素晴らしいストーリーとしての評価。素晴らしい演技の評価。

料理に例えれば、日本料理、フランス料理、中華料理とそのできばえと味を競い合う、料理の鉄人達の競演である。

どんなものが出てくるのが楽しみで映画を見るのだが、こんな番組もいい。


そう、定食の番組である。

卵焼きや味噌汁、漬け物。

そんな料理は文句なしにうまいし、毎日食べられるものである。

そして、そこには生活の想い出がある。


この手の番組は卑怯である。

味が好みだったら、毎日食べるのだから。