映画「スティーブ・ジョブズ」  アシュトン

映画「スティーブ・ジョブズ」 アシュトン

マックファンとしては、見逃せない作品。

マックがマックであり続けたのは、スティーブジョブスの力である。

(アマゾンプライムムービーで視聴)

2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ。天才と称される一方で非情な人間とも伝えられた彼が歩んだ、波瀾(はらん)万丈な人生を追い掛けていく。キャストには、『抱きたいカンケイ』などのアシュトン・カッチャーや『イノセント・ガーデン』などのダーモット・マローニーなど、実力派が結集。ジョブズにふんしたアシュトンの成り切りぶりは必見。シネマトゥデイ

 

Impression


映画として見れば、評価が分かれるだろう。

なにせ、ストーリーが無茶苦茶だからだ。

スティーブジョブスの生き様は常軌を逸している。そんなストーリーに共感する人はいないだろう。

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

しかし、マックというパソコンのもつカリスマは、スティーブジョブスという人間によって作り出されてきた。

圧倒的な数のウィンドウズに対して、ぶれることのない信念に憧れ続けたのは、若い時代の私自身であった。

いろいろ書いてもマック礼賛にしかならないだろう。


調子がよくて売り上げがいい時のスティーブジョブスより、負けてどん底の時の彼が好きである。

その都度、みんなをあっといわせて復活するマック。

 


マック嫌いな人にも見てもらいたい。

ますますマックが嫌いになるかもね。

それでもいいと思う。