元横綱・千代の富士の九重親方が死去 | NHKニュース 2016/08/01

突然訃報が流れた。

千代の富士

千代の富士

「ウルフ」が死んだ・・。

同じ年(61)の大横綱の死去の知らせに、しばし沈黙をする。

 

人は誰でも死ぬ。その時期の早い遅いは人の感覚だ。

寿命という言葉が頭に浮かぶ。

そう寿命だったのである。

しかし、同じ年というのが心を揺さぶる。

 

大相撲の名場面が思い浮かぶ。

最も印象的だったのは、貴乃花に敗れた試合だ。

そして貴闘力にも敗れる。

当日引退を表明する。理由は「体力の限界」

36才といえば一般人なら男盛りの年齢なのだが、横綱を去る潮時だったのだ。

それ以降、相撲界は若貴時代に突入する。

もうあれから25年経つのか。

同年の友人達も、死ぬ奴らがぼつぼつ増えてきた。

今年のお盆にも1つ上の先輩の初盆なので、線香を上げに行く予定である。

使い古されている言葉だが、昭和が一つ終わってしまった。

 

略歴は、横綱だから記録をまとめてみた。

1045勝している。偉大な数字である。

しかし437回破れている。

どのアスリートにもいえることだが、負けて強くなっていくのだ。

合掌。

まとめ

61才没

北海道松前郡福島町出身。

生年月日 1955年6月1日

1955年に北海道松前郡福島町で漁師を営む家に生まれた。

1982年(27才) 結婚

長女 秋元優 (モデル DJ)

次女 秋元梢 (モデル)

 弟 秋元剛 (モデル)

秋元梢

秋元梢

 

最高位 第58代横綱

優勝 幕内最高優勝31回

生涯戦歴 1045勝437敗159休 (125場所)

引退後 九重部屋親方

1989年「国民栄誉賞」

 

子供を亡くす 34才

1989年6月には、同年2月に誕生したばかりの三女をSIDS(乳幼児突然死症候群)で生後僅か4か月足らずで亡くす不幸に見舞われる。

2015年7月膵臓癌の手術

2016年7月31日午後5時11分、膵臓癌のため東京大学附属病院で永眠。

 

膵癌(すいがん)

膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、きわめて予後が悪いとされる。このことから「癌の王様」とも言われている。

リンパ節転移が早い段階でみられるため、切除が行われた場合でも約7割が再発すると言われている。

膵臓がんに関連のある症状として、体や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)がある。

 

 


出典 ウィキペディア