ヴィクター・フランケンシュタイン

ヴィクター・フランケンシュタイン

サーカスのピエロがハリーポッターだったと後から気づいた。それ以降助手役のイゴールばかりが気になった。映画の出来は悪くないと思う。

「X-MEN」シリーズのジェームズ・マカボイと「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが主演を務め、伝説のモンスター誕生の瞬間と人間の狂気を描いたダークファンタジー。ポール・マクギガンが監督、マックス・ランディスが脚本を務めた。

ハリーポッターシリーズはすべて見ている。

可愛かったダニエル・ラドクリフが成長して、微妙な感覚に襲われ続けていた。

小さい時はあんなに可愛かったのに・・である。

まあ、うちにも二人息子がいたが、小さい時は天使のように可愛かったものだ。

お父さん共通の思いだろう。

s-528542a2147bb395_m


映画は独特の表現で勢いもあり、場面もインパクトがある。

ただ、新感覚すぎて置いてきぼりを食らった感もある。


ポール・マクギガン監督は才能があるのだろう。

映像感覚は素晴らしいと思う。

しかし、その絵面の強烈さに依存しているところもあり、そこが不親切に感じてしまう。

映像としては4つ星だが、映画全体となると三つ星。

そんな映画だった。


ハリーポッターのファンの人は見ない方がいいかも(おおきなお世話か)