平和公園と原爆落下中心地の写真素材 アートワークスフリーフォト
http://freephoto.artworks-inter.net/heiwa/kaisetu.html

平和公園と原爆落下中心地

平和の泉に虹がかかりました。

平和公園の虹

平和公園の虹

平和公園(平和記念像)

神の愛と仏の慈悲を象徴し、垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、横にした足は原爆投下直後の長崎市の静けさを、立てた足は救った命 を表し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っている。像の高さ9.7メートル、台座の高さ3.9メートル、重さは約30トンあり、鉄骨を芯にして、青銅製のパーツをステンレスのボルトで縫ってある。

平和記念像

平和記念像

 

原爆公園(原爆落下中心地)

昭和20年(1945)年8月9日11時2分。アメリカのB29爆撃機から投下された原子爆弾は松山町171番地の上空約500mで炸裂しました。現在、その地には落下中心地標柱として昭和43年(1968)に建立された黒御影石の碑が立てられており、園内には被爆当時の地層も残されていますが、そこには原爆によって壊された家の瓦やレンガ、3000度の熱で焼けたガラスなどが今も大量に埋没しています。

原爆落下中心地

原爆落下中心地