時々、先生に聞かれる事があります。

ピアノ発表会でも、アンサンブルなどが多い場合

スナップの注文見本をつくりますが、この閲覧がかなり手間がかかるみたいです。

「インターネットで、見本が見れるように出来ますか」

「作るのは出来ますけど、セキュリティーが・・」

ピアノ発表会

 

そうなんです。

 

先生にはセキュリティーといいますが、それ以外にもクリアーしなくてはいけない事があります。

ネットワーク関連は長崎大学の講師をした事もあり、もう一つの職業として仕事をしています。

インターネットで注文する仕掛けは、自前ですべて作れるのですが、やはりセッティングには手間がかかる仕掛けです。

しかし、インターネットを利用する人には便利な仕組みだと思います。

その事は、誰よりも思っているのですが、パソコンを使わない人たちにとって何の意味もありません。


誰もがパソコンを使っているわけではない

30代の父兄は、インターネットに関して何の抵抗もない世代です。

スマホを説明なしで使いこなせます。

40代、50代では、使う人使わない人が出てきます。

こんな状況ですので、インターネット見本システムを構築する以外に、今までどおり、紙で見本を作らなくてはなりません。

つまり、ネットとアナログの見本帳の両方が必要になってしまいます。


費用や支払いはどうするのか

ネットの注文の場合、クレジットカードや振込みの手間がどうしても必要になってきます。

プリントを自宅に届けるには、送料も必要になってしまいます。

ネット販売は、それらの費用を写真代に上乗せしなくてはならないため、少量では、ペイしないシステムとなってしまいます。

購入希望者が100人以上なら、何とか採算が取れると思います。

結婚式のスナップ販売にネットが使われるのは、出席者が100人以上いるからです。

幼稚園や保育園のイベントもネット販売が可能になります。

しかし、ピアノ発表会ではやはり難しいでしょう。

 

一番重要なセキュリティー

子供たちの写真をネットに上げるには、すべての親の方に、それを承諾してもらう必要があります。

これに関しては、しっかりやってもらい、承諾書に印鑑入りのサインが必要になってきます。

過去、大学付属の小学校の演奏会で、担当の父兄の依頼で、ネットシステムを構築したのですが、一部の父兄からクレームが出てしまいました。

母親はOKでしたが、後から聞いた父親から抗議が入ったのです。


今は、顔がわかる人の写真を簡単にアップできません。

万が一、犯罪に使われたらその責任を追及されてしまうからです。


以上の事を考えると、簡単にネットを利用できないとなってしまいます。

しょうがないと思います。

これから先、ネット販売が主流になってくる場合が増えてくると思いますが

現状では、ケイスバイケースですね。


見本DVDや返却不要の見本帳の作成

パソコンで見本を見る

 

ただし、昔よりはスムーズになってきています。

まず、見本を返却不要にしています。

これは、プリントの精度がよくなったので、家庭用のプリンターでも写真見本が作れるからです。

もちろん、写真と比べて画質は悪いですが、顔の判別などは十分です。


また、CDやDVDに写真を入れて、何枚かの見本DVDを配ります。

これにより、パソコンを活用している父兄は、自宅で家族と写真を選び、注文だけをメールで送ってくれる事ができるようになりました。


すべてを自動にするより、アナログとパソコンをうまく活用する事でだいぶスムーズになるのです。

これもまた、各先生ごと様々ですので、ご相談下さい。