スナップ撮影の打ち合わせの時の話である。

先生「写真は手元を写して欲しいんですが」

先生の希望である。

ピアノの手元が見えるアングル

カメラマン「顔が見えにくいのですが」

先生「そうねー。それじゃ、手元の見えるアングルと顔が見えるアングルの2枚撮れますか」

カメラマン「そうなると、カメラマンが2人必要なので費用がかさみますけど」

先生「あら、移動してパチパチと撮れば、一人で撮れるんじゃないの」

カメラマン「いやー、演奏中に客席を移動するのは難しいですね」

先生「あらそう。それじゃどうしましょ」

結局横から撮影する事にしました。

横からのアングル

 

高所から撮影した横からのアングル

 

手元が見えないアングル

(横からだと髪の毛で顔が見えないので、斜めからのアングルの写真を使用。カメラマン2名の場合のみ可能)

 

手元が見えてる写真が悪いわけではありません。

実際に手元が見える位置から撮影する場合もありました。

しかし、髪の毛をアップにしていると顔の雰囲気も少しわかるのですが

髪が長く耳がかくれている奏者の場合、顔がまったく見えなくなります。

 

どのアングルで撮影するかは、会場の造りもありますし

ライティングも影響します。

 

カメラマンにしてみれば、どの位置から撮影しても記念になると思いますけど

3人の子供の父親としてみれば、顔が見えてるほうがうれしいと思います。