2017のんのこ諫早まつり

  例年9月に行われるのんのこ諫早まつり。 今年は20回目だったけど、二日目が台風で中止になる。残念。 長崎市内の人は「のんのこ」といわれてもピンとこない。 結婚式の時に皿を持って踊る様子を知っている程度である。 しかし、長崎から助っ人に頼んだ若手カメラマンは、「こんなに大人数で踊るとは知らなかった」と心底感心していた。 祭りというのは、やはり地域のもんなんだと思う。   小雨の中、初日をスタッフ3人で撮影する。 ビデオが一人、写真が一人、僕は写真とビデオを撮影する。 なんと八千人もの諫早市民が趣向を凝らして行列踊りでアーケードを通る。 その後、大きな舞台で披露して終了する。 しかし八千人もの踊りが終わるまで、6時間はかかる。 毎年の事ながら、なるべく取り漏らしのないように撮影しまくる。 そして、朝から撮影して夜9時に終了。 もう16年以上もやっているけど、毎年ながらきつい。   さて、これから写真とビデオの編集です。 数が多すぎてなかなか進まないけど、こつこつ黙々と作業中です。