4月29日は昔天皇誕生日だった。その次にみどりの日になり、現在は昭和の日というらしい。
 
なんにしても休日である。
 
しかし日曜日なので、翌日が振替休日となる。その次は5/3,5/4,,5/5とゴールデンウィークとなる算段である。
 
私も子供が小さかった時代は、家族の思い出つくりで外に出た。予算の都合と私の趣味でほとんどがキャンプだった。子供たちには好評だったのだが、嫁さんは嫌だったらしい。
 
現在は還暦も過ぎ、悠々自適とはいかないが身の軽い身分になった。
 
ので、連休の人混みの中に飛び込む勇気がなくなってしまった。
 
ので、釣りである。
 
「春の海、終日のたり のたりかな」与謝野蕪村 である。

神ノ島

 
 
ここは長崎市内の。海はそばにある。
 
昼過ぎに車でお気に入りの神ノ島に行く。
 
久しぶりにきた。
 
堤防の傍には定番の猫もいる。
 

神ノ島の猫

 
腰の座った釣りではない。ちょんちょんのアラカブ釣りである。
 
最初は仕掛けを作るのに手間取ったり、えさがうまくかけられなかったりと妙に手間取る。やはり、日頃の行いが釣りにも出てくるらしい。
 
 

エサ釣りかルアーか

 
最近はルアーをやる人が増えた。
 
実は私もルアーも手を出した方である。竿も各種3本ほど、ルアーは目について面白ければすぐ買うし、結構はまった。
 
しかし、釣れなかった。
 
いろんなルアー釣り番組も本も読んだのだが、釣れなかった。
 
所が餌釣りは釣れる。わたしは「くろ」(東京ではメジナ)釣りばかりやっていたのだが、結構釣れて、回りの釣り人からの視線が痛いこともあった。
 
ところがルアーでは釣れない。それは今でも同じである。やはり向き不向きがあるのか。
 
 
 
というわけで、岩を飛び歩き、アラカブがいそうな岩の三角スポットを探しながら、餌を垂らす。
 
アラカブ君は馬鹿だから、そこにいれば必ず餌を食う。
 
1時間ほどで、子供アラカブを5匹ほど。
 

アラカブ

 
食べるのはかわいそうと思うほどの大きさなのだが、釣ったものは必ず食べるという誓いだから、クーラーボックスに入れる。
 
少し動き回った後で、水筒の冷たいお茶を飲み、パイプで一息。
 
 
いつの間にか潮が足元まで来る。満潮だ。
 
潮に追われながら場所を変え、もうちょい釣りをする。
 
岩場は危ない。若い頃はもうちょっとマシに飛び跳ねていたのだが、足場にした岩が転がり、片足を海に突っ込んでしまった。
 
 

神ノ島

 
帰り支度。
 
釣ったアラカブは明日の朝の味噌汁にするため、岩場をまな板にしはらわたと鱗をナイフで削ぎ落とす。
 
家でやると、台所が魚臭くなり後片付けが面倒である。
 
ゴリゴリと簡単にさばき、ビニール袋へ入れる。
 
買ったオキアミの餌がだいぶ余ってしまった。これは家で砂糖漬けにして冷凍庫に入れる予定。
 
さて、休日がなんとなく終わってしまった。
 

神ノ島