女性ばかりの土蜘蛛の謎

土蜘蛛って知っていますか?

大昔、九州の長崎、佐賀に住んでいた人々を、ヤマトがこう呼んでいた。

まさに化け物だ。 ヤマトに従わなかった人々をこう呼んでいた。

「ゴキブリ」「ハイエナ」のような奴だ。 そんな言い方だ。

土蜘蛛

土蜘蛛

まあ、よくある話しである。 太平洋戦争当時、日本人はアメリカ人を「鬼畜」と呼んでいた。

本当にそう信じていた人がいたそうで、アメリカ人が日本に攻めてきて、男は殺され、女は犯される。

そんな話しも残っている。  

Anti-Japanese pins and postcards.

Anti-Japanese pins and postcards.

(アメリカ人から見れば、日本は野蛮人)

しかし、呼ばれていた方は気分が悪いだろう。

肥前風土記という本がある。

「肥前の国には土蜘蛛がおり、天皇の命令に従わなかったため、 景行天皇に退治された」とある。

まあ、肥前の人間としては、言いたい事は沢山あるがまあ置いとくとする。

今回何を書きたいかというと、その土蜘蛛と呼ばれた地域に、女性の土蜘蛛が多く登場しているという事だ。

たとえば、佐賀県の話がある。

佐嘉川という川が流れており、その川上の大山田女・狭山田女が登場する。

佐賀県。

昔、この里に土蜘蛛あり、名を海松橿姫(みるかしひめ)といひき。

天皇、国巡りしましし時、陪従、大屋田子をやりて、誅(つみな)ひ滅ぼさしめたまひき。

景行天皇巡幸時、土蜘蛛八十女人が嬢子山の山頂にいた。

八十女人は「沢山の女性」という意味です。佐賀県多久(たく)市。

この郡の速来の村に派遣して、土蜘蛛を捕らえさせた。

ここに、速来津姫(ハヤキツヒメ)という女性がいた。

長崎県佐世保市。 浮穴沫媛(ウキアナワヒメ)も記述にある。

彼女もまた長崎県だ。

どうだろうか。 これだけ女性が登場する。

そして彼女らは土蜘蛛の酋長である。

これらの土蜘蛛を退治した景行天皇は、四世紀に在位していたといわれている人物で、ヤマトタケルのパパだ。

実は景行天皇の存在は怪しくこの肥前風土記の記述もどこか作為があり怪しい。

しかし、女性の酋長が多くいたのは事実だ。    

土蜘蛛という現地の集団 そして、そのリーダーがほとんど女性。

肥前は女性の国だった。

そう言い切ってもいい。

そういえば邪馬台国の卑弥呼もしかり。

魏志倭人伝には、邪馬台国以外に「女人国」というのがあった。

ギリシア神話の女性戦闘民族「アマゾネス」

肥後の古代の一端が垣間見える事実である。  

女戦士

女戦士

捜査継続

スポンサーリンク

コメント

  1. バサラ より:

    邪馬台国九州説の舞台、山門地区。
    こちらにも土蜘蛛征伐で神功皇后が討ったといわれる土蜘蛛・田油津媛があります。
    女王塚(大塚)という塚も残っています。
    この辺りは、古墳だらけです。
    佐賀県では與止日女(ヨドヒメ)を祭ってあるけっこう神社が多いのですが、この地区にも與止日女を祭っている神社があります。

    こちらのサイト参照
    http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_trip_chikugo_0107.html

  2. artworks より:

    コメントありがとうございます。肥前が女性が首長の国が多いのには僕も強い関心があります。邪馬台国も女王ですし、大和の最高神アマテラスも女性です。土蜘蛛族も謎ですし、今後も調べていきたいと思います。