聖徳太子とキリスト

聖徳太子

(お札の聖徳太子。しかしこの人は聖徳太子ではないといわれている)

聖徳太子

(ウィキペディアではこの絵を使っている)  

聖徳太子には謎が多く、多くのかたが様々な研究をしている。

特に、哲学者梅原猛氏の隠された十字架は秀逸だと思う。

『隠された十字架』 法隆寺は仏法鎮護のためだけでなく、聖徳太子の怨霊を鎮魂する目的で建てられたと主張している。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%9E%B6

何が秀逸かというと、その丹念な調査と資料の豊富さである。

歴史推理はこうあるべきだと思う。

しかし、門外漢の哲学者によるこの説は、歴史学者に喧嘩をふっかけたともいえる。

故に厳しい批判や反論が浴びせられており、決着はついていない。    

聖徳太子を調べていると、必ずキリストやユダヤ関連のページが現れてくる。

何度も書いているのだが、どんなに突飛だと思う説でも否定しない。

思うのはその書いた人の自由だからだ。

みんな、キリストやユダヤが好きなんだなと感心する。

そこで、この二つの類似性という奴を僕自身が検証してみる。

第1 聖徳太子は「厩戸皇子(うまやどのみこ)」 キリストは馬小屋で生れた。

これは面白いと思う。

馬小屋という粗末な場所で聖人は生れたという話しは、衝撃だからだ。

それならキリストが生れたとされるのは、紀元前2年頃だといわれている。 (西暦の紀元前という言い方は、本来イエス・キリスト降誕前として定義されたが、現代では他説がある)

何はともあれ、キリストの誕生が暦の読み方を変えてしまうくらい、強力な影響がある。

海外に行かれたかたはわかると思うが、キリスト教圏では日本人が考える以上に、生活の中にキリスト教は浸透している。  

聖徳太子は西暦574年2月7日とある。 600年ほど時代が違う。

だから、馬小屋繋がりでも関係は全くない。  

厩戸皇子という名前はキリストの生誕話に影響を受けているという説に移る。

『日本書紀』に生年は記していないが、「生れましながら能く言ふ。聖の智有り」という記述があり、出産間近の間人皇女が宮中の厩の前を通りかかったとき、突然産気づき、少しも苦しまずに安産したという。

参考文献:小学館週刊『新設戦乱の日本史 第27号 蘇我・物部の決戦』

とある。

キリスト教の影響とされるのは、馬小屋だけではなく、受胎告知という伝説が残っているからである。

出生について[編集] ウィキペディア

「厩の前で生まれた」、「母・間人皇女は西方の救世観音菩薩が皇女の口から胎内に入り、厩戸を身籠もった」(受胎告知)などの太子出生伝説に関して、「記紀編纂当時既に中国に伝来していた景教(キリスト教のネストリウス派)の福音書の内容などが日本に伝わり、その中からイエス・キリスト誕生の逸話が貴種出生譚として聖徳太子伝説に借用された」との可能性を唱える研究者(久米邦武が代表例)もいる[注 14]。

一般論として時の国際色豊かな中国の思想・文化が流入した影響と見なす説が主流

聖徳太子は西暦574年の干支は甲午(きのえうま)でいわゆる午年に生れたので厩戸皇子 古代中国にも観音や神仙により受胎するというモチーフが成立し得たと考えられている(イエスよりさらに昔の釈迦出生の際の逸話にも似ている)。

  釈迦はマーヤー夫人から生れた。 日本では摩耶夫人と書く。

摩耶婦人

(摩耶婦人)

マーヤーはヴァイシャーカ月に6本の牙を持つ白い象が胎内に入る夢を見てシッダッタを懐妊」という伝説があり、 「救世観音菩薩が皇女の口から胎内に入り」という聖徳太子の誕生にそっくりである。

同じアジアなので、釈迦の誕生のほうが有力のはずだが、キリストの誕生に強引に結びつけるのはなぜだろうと思う。

上記にも上げたが、太子は馬小屋の前で生れたとあり、馬小屋で生れたとは書いていない。

この時代に、中国の景教(ネストリウス派)は伝わっていない。

そう書くと、それ以前に秘密で伝わっていたという反論があるが、記録がないのでなんともいえない。  

今の私たちは馬小屋というと馴染みがないが、馬のつく地名はたくさんある。

馬場、有馬、馬渡など。長崎にも「馬町」「桜馬場」という町名がある。

昔でいえば蘇我馬子さんもいる。 そんなに突拍子もない名前ではないと感じる。  

ただ、少し疑問も残る。

わざわざ厩の前で生れたと言わなくてもいいんじゃないかということである。

例えば、仏像の前で生れたといったほうが、凄そうな気がするのだ。

わざわざ「厩の前で生まれた」としたのは、全くの事実か、もしそうではないとしたら「厩戸」にした理由があるはずだ。

厩戸皇子の兄弟の来目皇子・殖栗皇子・茨田皇子はすべて地名である。

しかし、厩戸皇子が生れた地域には「厩戸」という名前がないのである。 (奈良には厩坂という地名はある。厩坂寺もある)  

国家鮟鱇 また、キリスト生誕を描いた絵画などで見られるのは「馬小屋」ではなくて「家畜小屋」 http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20101220/1292814575

キリスト誕生 キリスト誕生

たしかに馬より、羊、牛がえがかれている。  

キリストは馬小屋で生れたとは書かれていない。

イエスは馬小屋で生まれたか? 平塚 徹(京都産業大学) http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~hiratuka/essays/stable.html

  日本人だけが馬小屋と思い込んでいるという。  

「厩戸」は宮中の中にある場所で、役人用の馬を管理している場所である。

一般家庭の家畜小屋ではない。

厩戸皇子という名前はそれなりに、いい名前だったのかも知れない。

馬は綺麗だし、利口で早い。

いい馬を持つのは英雄の第一条件でもあった。

駿馬という言葉もある。 そう考えると、またイメージが違ってくる。  

面白い説を拾ってみる。

聖徳太子の「冠位十二階(かんいじゅうにかい)」

イエスキリストは、12人の使徒 2人とも不思議な能力を用いて人々を導き、様々な奇跡を起こした聖人

キリストは神の子にして救世主であり、聖徳太子は人々を世の苦しみから救う救世観世音菩薩の生まれ変わり

  いろいろ見たけど、うーんとおもう。

別にキリストに結びつけなくてもいい話である。

また、キリスト教の影響が強いという話しも多い。  

日本人は受け入れることの達人である。

現在、クリスマスはもはや日本の行事となり、教会での結婚式は処女達の憧れでもある。

古代でも、なんなかの話しは伝わっていたのかも知れない。

しかし、神道ベースで色んな宗教を併せ持つ日本である。

色んな宗教のいいとこ取りはしていたかも知れない。  

それくらいだと思う。 僕は長崎人である。

後年のキリスト教の悲劇は身近なものとして知っている。

宗教の力は凄まじい。 それだけは間違いないのである。

スポンサーリンク