「長崎」という地名の由来を再び考える。逆ユダ「長崎氏」

長崎古地図

私は長崎出身である。故に長崎の名前の起こりは、何度となく聞かされていた。

「長崎甚左衛門」の説である。

それ以外は、長崎が長い岬だからというのも聞いた。

きっと、長崎人なら「長崎甚左衛門」の説を当たり前のように話すと思う。

他説のことを知らないのである。

恥ずかしながら九州千葉氏説は最近知ったばかりである。

ふたつの説がウィキペディアに書いていた。

さらに有力なのは九州千葉氏のようにも書いてある。

さて、本当はどっちだろう。

ウィキペディアより抜粋

長崎氏は桓武平氏千葉流(九州千葉氏)の流れを汲む氏族であり、現在の長崎県庁舎付近の長い御崎に館を構え、長崎港界隈の深堀から時津までの広い範囲を領していた九州千葉氏の一族が九州長崎氏を名乗ったことを起源とする説

 

元弘3年(1333年)、北條氏が新田義貞の軍勢に鎌倉を襲われて滅ぶと、代々伊豆国田方郡長崎村を領し、その地名を苗字として、鎌倉の執権である北條氏の執事を務めていたことのある長崎氏の一人が九州に流れ(九州長崎氏)、長崎湾の奥を領して地侍になったと長崎甚左衛門純景がその系図で主張している説。

 

桓武平氏千葉流(九州千葉氏)と北條氏の執事 九州長崎氏説である。

地名由来辞典では、人物の名前なのか、長い岬から来たのかは定かではないといっている。

どちらかというと長い岬説が妥当と言っている。

 

長崎という地名だが、実は日本中にある。

http://folklore.office-maeta.jp/timei/009.htm

■ 長崎(ながさき): 山形県東村山郡中山町長崎。東西に細長く集落が存在し、長い崎(みさき)のように見えたことに由来する。

■ 長崎(ながさき): 山形県鶴岡市長崎。鎌倉幕府の執権の北条時宗の家臣の長崎為基の領地であったことに由来する。

■長崎(ながさき): 新潟県柏崎市長崎。鯖石川が日本海に注ぐ陸地の突出した所を長崎と呼んだ。

■長崎(ながさき): 東京都豊島区長崎。鎌倉時代に執権北条氏の家臣長崎氏の領地であったことに由来する。

■ 長崎(ながさき): 静岡県静岡市清水区長崎 。当地が草薙川(長沢)の州崎であることに由来する。

■ 長崎(ながさき): 静岡県伊豆の国市長崎。集落の形が細長かったことに由来する。

■ 長崎(ながさき): 愛知県岡崎市雨山町長崎、愛知県西尾市下羽角町長崎、愛知県蒲郡市西浦町長崎。永崎とも書いた。猿渡川と吹戸川の2つの河川に挟まれ、西部が突出して長い岬をなしていたことによる。

■ 長崎(ながさき):  福岡県筑後市長崎。もと長い崎があったことによるとの説がある。

■ 長崎(ながさき): 長崎県長崎市。「永埼」とも書いた。長い岬に由来するとも、長崎小太郎を祖とする長崎氏が居住したことに由来するともいう。

■ 長崎(ながさき): 熊本県宇城市不知火町長崎。海岸線が長かったことに由来する。

■ 長崎(ながさき): 熊本県水俣市長崎。崎は狭間とか先端を指し、細長い台地の先端を意味すると言われる。

 

下記のブログは東京の長崎村の話である。

東京長崎村物語 ( 武州豊島郡長崎村 )

http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/bird_eyes/start/w_n.htm

長崎村の由来

長崎村の名は、鎌倉幕府末期にこの地域が、北条氏の被官「長崎氏」の一族の実質的支配領地の一つとなり、村に派遣された領主「長崎次郎高重」により、長崎一族の名を冠して「長崎村」と命名されたもの…と考えられます。

その為に「肥前長崎( 九州長崎 )」や「陸前長崎」など、日本中の色々な場所にこの「長崎」の地名が出現しており、苗字がこれ程簇出したのは、この時期をおいて他に無い…という苗字学者の指摘もあります。( * 静岡県 伊豆 韮山の北には、伊豆の国市「長崎」という地名が実際に今もあります )

 

何を言いたいかというと、「ながさき」と言う地名は結構流行っていたんだという事だ。

現在「長崎」の由来でわかっている事は、江戸時代の諸書により、長崎小太郎なる人物が鎌倉から室町時代にかけてのある時期に他所から長崎に下向、土着したと言う事だけだ。

そして長崎の「福田文書」により「長崎小太郎」が鎌倉の御家人という事が判明したとされる。

冒頭にも書いた「長崎甚左衛門」は、「長崎小太郎」の14代目にあたる。

長い間長崎で、現在の港界隈を守ってきていたのは間違いない。

長崎には、他にも豪族達がかなりいて、お互い縄張り争いを続けていた。

上総国の御家人である深堀能仲が,鎌倉幕府から受け取った場所が現在の戸町から南一帯の長崎半島で、現在の地域も深堀という。

深堀武家屋敷あと

深堀武家屋敷あと

そんな場所に「長崎小太郎」は、乗り込んで来たのだ。

どんな経緯か資料があれば調べてみたいものだ。

現在の長崎市は埋め立てと造成が進み、長崎浦を中心に開けているが、開港以前はかなり様子が違う。

山に囲まれていて、徒歩で長崎を出るには、日見峠という山道が唯一の道だった。

戦いが日常だった時代に、どん詰まりの長崎はそれほど一等地ではなかった。

そんな経緯もある。

長崎浦にすみついた豪族「長崎小太郎」。

歴史の流れからすれば「長崎浦の小太郎」と捉えた方が自然だろう。

しかし豪族「長崎小太郎」の氏素性が不確かなのも、何処か怪しい。

鎌倉の御家人というのも、自分から言い出したのじゃないか。

何かしら成功した人間は、氏素性を適当に作り替えたがるものだ。

平家の子孫やら源氏の子孫が沢山いるのはご存じの通りで、中には天皇家の末裔という素性を持つものまでいる。

その後、長崎は争いが絶えず、深堀氏から攻められている。

長崎氏は大村氏の子分となり、キリスト教のために長崎を手放してしまう。

弘法大師のすすめで建てられた神宮寺という大きな寺院がある地が長崎である。

長崎氏は、仏教派・神道派から見れば裏切り者の逆ユダみたいなものだ。

さて、本題に戻る。 長崎の地名の由来だが、やはり地名ありきだと思う。

長崎の地は豪族名が地名になっている。

戸町は戸町氏、深堀は深堀氏である。

それ故、長崎氏もそれにならって、氏素性を当時知れていた「有名な長崎氏」と絡めてきたんじゃないだろうか。

大村氏は佐賀の龍造寺に追いまくられ、窮余の一策で長崎浦を、キリシタンに与えた。

長崎氏は自分の領土をキリシタンに取られたのだ。

その後長崎氏は、長崎を離れ家系も絶えてしまう。

「長崎氏」の役割は何だったのだろうか。

もし「長崎氏」がいなかったら、長崎の地にはキリシタンは来なかっただろう。

不思議な運命を持ってきた「長崎氏」 違った意味で、長崎の地名の由来と言ってもいいのかも知れない。

スポンサーリンク