五島弁「あっぱよ」は漢字だった

へとまと

先日、「ヘトマト」を取材するために五島に渡った。

祭りの場所がわからなかったので、下崎山地区で、世間話をしているおばあさん二人の世間話に割り込んだ。

「ヘトマトは、どこでやるんですか」

おばあさんは世間話に熱中していたらしく、後ろからの突然の声に驚いたようだった。

「あっぱよ」

驚いた時の五島弁だ。


懐かしいと思った。

私は長崎の出身だが、近所には五島出身の人たちが大勢いた。

子供時代の話なのだが、「へっぱっよ(うそ)」とか「あっぱよ(びっくり)」が飛び交っていた様な気がする。

まあ、港の近くの旭町というところにいたので、船乗りの人が多かったからだと思う。

五島弁は、けっこうきつい。

何を言っているのかよくわからなかった場合が多かった。

まあ、方言というのは、そういうものだと思う。


九州で有名なのが「ばってん」

長崎では「とっとっと」

鹿児島の「ごわす」もよく知られている。


鹿児島弁はかなりわかりにくかったとみえて

第2次世界大戦中、日本は薩隅方言を暗号として使ったという。

五島弁はどうやって生まれたのか

方言からそこに住んでいた人たちを特定するなど、専門家の言語学者でも難しいといわれている。

しかし、出来るだけ調べてみたいと思う。

五島の歴史


五島の歴史を逆から遡ってみる。

水産物の流通

https://www.pref.nagasaki.jp/suisan/sinkou/ryuutuu.html


五島は漁業の島である。

沿岸漁業は昔から行われていたが、以西底曳網漁業の遠洋漁業といわれる、ほとんどが徳島県人によって開発されて長崎で行われた。

大正期に徳島の人たちが五島福江島の玉之浦を母港とした船団が活躍する。

つまり、大正から昭和にかけて、五島や長崎に移り住んだ徳島の言葉が混じったと思われる。

徳島弁


長崎では、驚いても「あっぱよ」とは言わない。

徳島はどうだろうか。

徳島は大阪の影響を強く受けたといわれている。

ウィキペディアでは、「おぶける(驚く)」ある。

五島弁に大阪弁のニュアンスはない。

どうも違うようである。


韓国語


五島だけではないが、長崎には友達を意味する「チング」というのがある。

実は「チング」は韓国語でずばり友達である。

韓国語が日本の言葉になっている例も多く、五島が韓国の影響を受けたかもしれない。


「あっぱよ」の「よー」は韓国語のアクセントにもよくある。

韓国の「バイバイ」は「かっけよ~」というらしい。

調べてみると

ノルラッスムミダ・・驚きました。

カンノル・・・びっくりする

とある。


これも違うと思う。


念のため中国語も調べてみた。

びっくりした。ああ驚いた。(シャー ラ ウオ イーティアオ)

これも違うようだ。


それでは江戸時代以降はどうだろう。

文治3年(1187年)、平家盛(平忠盛次男、平清盛の異母弟)が宇久島に上陸し、宇久姓を名乗る。観応2年(1351年)、宇久覚が宇久より福江島岐宿に移り、天正15年(1587年)、宇久純玄(すみはる)が五島姓へと改める。

平家盛は平安時代末期の平家一門の武将である。

となれば、奈良や京都あたりが居住地である。

まあ、武家なので「あっぱよ」とは言わないと思う。


平安時代以降の五島は、間に記録がなくいきなり古代になってしまう。

隼人のような人々がいたとか、土ぐもがいたとかの話になってしまう。

もちろん、その人たちの言葉かもしれないのだが、ここまでくると調べようがない。


アッパの発見

津軽ことばの、もっとも古い代表的なものは父、母を「えで・あっぱ」というとある。

しかし、こいつは意味が違う。


しかしついに見つけた。

茨城弁である。

「ほんとにびっくりした」を「あっぱ・とっぱ」


ほんとにびっくりした・・・茨城弁で「あっぱ・とっぱ」

これかな。

しかし、びっくりしたが「とっぱ」で「あっぱ」は本当にということみたいだ。


うーん。行き詰った。


みじょか

五島弁でもう一つ、覚えている方言がある。

「みじょか」である。

これはかわいいという意味なんだが、言葉からすると漢字だと思う。

「美女か」

今読めばびじょかだが、みじょかとも読める。

そうだ。漢字という手があった。


遣唐使の島

五島の三井楽という地は「遣唐使の道」という観光地がある。

東シナ海に浮かぶ五島は黒潮と季節風に頼って海を渡る民にとっては風待ちの港として知られていました。遣唐使時代には日本最後の寄泊地として立ち寄り、数多くの船がこの島から出港していました。

となれば、万葉の時代から、その当時の文化人の人たちがいたということになる。

平安は平家盛一族である。

方言に漢字が混じっているかもしれないのだ。

現に「みじょか」がある。


「あっぱよ」という言葉を見れば「天晴れ」という漢字が思いつく。

天晴れ

★語源
感動詞「あはれ」が語源。「あはれ」は、感動を表す「あは」に接尾語の「れ」がついたもので、喜びや悲しみに限らずあらゆる感情を表す語として用いられた。次第に、賞賛の意味に用いる場合には特に促音化して「あっぱれ」、「嘆賞」や「悲哀」などの感情を表す言葉が「あはれ」というように使い分けられるようになった。


感動した時にいう「あっぱれ」が、びっくりした時の「あっぱ」に変化した。


どうだろうか。

かわいいが「美女か」。びっくりするが「天晴れよ」→「あっぱよ」


信じるか信じないかは、やはり彼方しだいですよ。

三井楽・辞本涯

スポンサーリンク

コメント

  1. くえびこ より:

    最近このサイトを発見しました。以来楽しく読ませて頂いています。
    私は生まれも育ちも東京ですが(現在は信州に移住し、自称信州人)、両親は薩摩人です。
    その両親が「かわいい」の意味で使っていたのが「もじょか」「もじょい」。
    五島の「みじょか」は初めて聞きましたが、関連性を感じます。
    関連があるとすれば、はたして「みじょか」が「もじょか」に伝わったのか、その逆なのか。逆だとすれば、おっしゃる「美女か」説以外にも、大陸や南西諸島の言語由来など、いろいろ楽しい想像もふくらんできそうですね。

  2. artworks より:

    コメントありがとうございます。

    関連が十分にありそうですね。おっしゃるとおり薩摩から伝わってきたのかもしれません。五島と鹿児島、車だとかなり距離がありますが、海の道を通ればとっても近いのかもしれません。
    最近の流行語の「神ってる」の様に、さまざまな形態の言葉が地域の言葉として定着しているのが面白くて調べています。
    「もじょか」も参考にさせていただきます。情報ありがとうございます。