• Evernoteに保存Evernoteに保存

悪魔の竜 でんでらりゅうの謎!!

異説か真実か! 不思議な童唄の真実。NO.4

不思議な歌が長崎にある。

デンデラリュウが出てくるばってん 

デンデラリュウが出てこんけん 

こんこられんけん  こられられんけん 

こーんこん 

スポンサーリンク

わらべ歌である。

僕自身も子供のころに何度か口ずさんだことがある。不思議な歌詞と、調子のいいメロディーが耳のそこにこびりつくようで、忘れられない。

新しい歌かと思ったらそうではないらしい。

この歌のことを調べてみると、起源が明確でないとのことである。長崎を中心に九州地方に流行、それぞれの方言でアレンジされて歌い継がれ全国に広まり、小学校の音楽の教材にも取り上げられているとのことである。これに目をつけてキングレコードが、現代風の詞と音楽をつけて昭和52年にレコードを出している。

ちなみに前田良一氏の作詞作曲・歌とある。

それにしても、デンデラリュウという言葉が妙に耳に残るのだ。

遠野ある時、柳田国男の「遠野物語」という本を読んでいた。
この本は、民俗学の礎となった有名な本である。

河童、座敷わらし、などの民間に伝わる伝承を、伝聞のまま書きつづったものである。

なんとはなしに読み進んでいると突然「でんでら野」という言葉が目に飛び込んできた。

遠野物語からその話を抜粋してみよう。

266.青笹村の字糠前と字凡内時の境のあたりをデンデラ野またはデンデエラ野と呼んでいる。(中略)すなわち死ぬのが男ならば、デンデラ野を夜中に馬を引いて山歌を歌ったり、または馬の鳴輪の音をさせて通る。(中略)こうして夜更けにデンデラ野を通った人があると、喜平どんの家では、ああ今度は某が死ぬぞなどといっているうちに、間もなくその人が死ぬのだといわれている。
268.昔は老人が六十になるとデンデラ野に捨てられたものだという。

デンデラ野という場所の印象は、冥界の入口というイメージがする。

デンデラという言葉は、この世とあの世の間かもしれない。

そう考えても間違いはない。ただ、デンデラという言葉の意味が不明である。

童唄のデンデラリュウと遠野のデンデラには、共通項があるような気がしてならない。

だが、長崎と岩手県の遠野では、距離的にはなれ過ぎている。

かたや雪国である。文化の共通性をまずは捜さなくては話が始まらないであろう。

遠野というところは東北の山深い盆地にある。

東北という土地は、田舎というイメージがあるが、平泉の藤原氏が繁栄していた地域で、黄金の産地であった。

遠野は、明治になるまで、尾根づたいか、峠越えの道しかなかったが、この道は、古代から東西南北の商業、交通の要衝であったため、商人、漁師、山師、僧、山伏、旅芸人などが交流し、各地の産物、信仰、伝承、民話、民謡、などが伝わったとされている。

いわいる文化の吹き溜り的な性格を有している。

そして、たくさんの民話が残っている。言うなれば、日本の民話の見本市みたいな場所であった。

であるから、長崎の民話にも、遠野の話がルーツになっているものがたくさんある。

盛岡市川原町円光寺には、赤子塚という話があり、これは長崎にも伝わっている飴屋の幽霊の話とまったく同じである。

長崎の中島川にまつわる河童の話など、遠野物語の河童のコピーと言ってもいい。

以上に挙げた例は、遠野と長崎の民話の類似点を端的に示している。

また、日本全国にこの類の話は散らばって存在していることも、つけ加えたい。

人が動けば、文化も動く。我々が想像している以上に、昔は文化交流が行われていたということである。

ということは、遠野にある「でんでら野」という地名が、長崎の「デンデラ」と結びついている可能性がかなり高いという事なのである。

遠野の「でんでら野」が霊的な場所を示す以上、長崎の「デンデラ」が 同じ意味合いがあると解釈しても間違いではないだろう。

そして、「リュウ」は、竜としか解釈が出来ない。それは、歌の内容が『生き物』を指し示しているからだ。

「でんでら」というのが、死者に関連がある言葉なら、例えば冥界に住んでいる竜という解釈が成り立つ。

デンデラリュウが、冥界に住む竜という事であれば、出てこなくなった事を喜ぶ気持ちもわかる。

そして、「冥界の竜を封じ込めた」というふうに解釈した方が自然である。

英語でdenというと(野獣のすむ)穴、(悪者の)巣くつ(こぢんまりした)私室のことをいう。

危険はdangerous(デンジャラス)。

demon(デーモン)とは悪魔のことである。

日本語の「でん」は電と書き、稲妻のことを言う。

竜と稲妻はワンセットで書かれる。すべてのベクトルが悪魔の竜を差し示している。


イラスト ・ 文・竹村倉二
▽資料・引用…長崎辞典 歴史編 長崎文献社  風俗文化編 長崎文献社 遠野物語 柳田国男 角川文庫
遠野物語考- 高橋喜平 創樹社 遠野の昔話- 佐々木喜善 宝文館出版

■新長崎伝説 長崎のミニコミ月刊誌「ながさきプレス」連載の短編。

関連:

スポンサーリンク
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください