• Evernoteに保存Evernoteに保存

いつか見た夢

26聖人

もう何日も、食べていなかった。

いつからか頭はぼんやりとして、ほとんど考えることは出来なくなっている。

時折思い出すのは、母親の顔だけだった。

こめかみから血が流れていることがわかる。

俺は思った。俺は何一つ悪いことはしていない。

ただ、夢を見ただけだった。それも変な夢じゃない。

みんなが幸せになる夢だったはずだ。

夢を見ただけでこんな仕打ちを受けるなんて、やっぱり今が夢なんだろう。

「どうだ。変わったか」

足下から大声が聞こえる。

顔にべったりと糞尿がはりついた。

あまりの臭いに、涙が出る。

やっとの思いで周りを見渡すと、何人かの仲間達が同じ目に遭っている。

不意に、共に学んだ少年時代を思い出した。

山や川、海で駆け回っていた時、

「あの時に見た夢はなんだったっけ」

もう、いろんな事がわからなくなってきた。

「ローマは素晴らしかったなー。グレゴリオ様は優しかった。あんな国に行けたのは、幸せだったのかもしれないな」

ジュリアンは意識が遠のいてきた。

「デウス様の元に参ります」

そう言いかけて息絶えた。

anaturi
中浦ジュリアンは13歳の時、少年遣欧使節として、長崎からローマ旅立ち、グレゴリウス十三世教皇は彼らを大歓迎した。

八年半後に日本に戻るが、その当時の日本はキリスト教を禁教として弾圧を開始していた。

中浦ジュリアンは司祭となり、弾圧下の日本で信徒達を励まし続けた。

1633年長崎の西坂刑場で穴吊りの責めを受けた。

穴吊りの責めとは、もっとも残酷な拷問だった。

内蔵が下がってすぐ死なないように体を縄でぐるぐる巻きにし、頭に充血するのを防ぐため、頭に小さい穴を開ける。

さらに穴の上から糞尿などをまく役人もいたという。

中浦ジュリアンは、その刑を受け3日後に殉教した。

中浦ジュリアン

関連:

スポンサーリンク
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です