• Evernoteに保存Evernoteに保存

忘却の薬

彼は真面目な印刷職人である。

家が貧しかったので中学を卒業してすぐ町の印刷屋に就職する。
勉強は出来なかったが真面目な性格で、一生懸命働いた。
色んないじめにも遭ったが耐え、誠実な心を失わなかった。
30才になった時、同じ職場のパートの女性と結婚する。
陰ひなたのない可愛い女性だった。
数年後に一男一女を授かった。

会社は彼の努力で大きくなっていき、
それを喜んだ社長は彼を主任に昇進させた。
そのお祝いに、息子と娘、家族揃って食事に出かけることにする。
幸せの絶頂だった。
レストランに向かう夜の道。
彼の車は交通事故に遭う。
居眠り運転のダンプカーが正面から突っ込んできたのだ。

大事故だったが奇跡的に彼だけが助かった。
左足の大腿部骨折と肋骨の骨折だけですんだのだ。
しかし妻と子供二人は死亡した。
みんな頭蓋骨陥没で即死だった。

1ヶ月後、病院から退院する。
仕事にも復帰したのだが、仕事が終わると居酒屋で飲みつぶれる日々が続く。
悲しみが大きすぎて、想い出の残る家へしらふで帰ることが出来なかったのだ。

ある夜、何時ものように汚い立ち飲み屋の隅に立ち
コップをあおっていた。
目が据わった状態でコップを見つめている。
そして何も言わず、時折コップを口に運ぶ。
誰ともしゃべらず、無言で飲み続けている。

影のように隣に黒いスーツの男性がたった。
「こんばんは」
「・・・」
「私は怪しいものではありません。製薬会社の者です」
「薬屋が何のようだ」
ぶっきらぼうにつぶやく。
「私はあなたを何日も見ていました。あなたの悲しみが分るものです」
男のすわった目が黒いスーツの男の顔を睨む。
「悲しみが分る・・。大きなお世話だ。向こうに行ってくれ」
スーツの男は構わず続ける。
「この錠剤は悲しみを和らげる薬です。一粒飲めば気持ちが楽になりますよ」
そう言って、錠剤を1粒彼の前に置いた。
「あんたは何者なんだ。いきなり来て薬を飲めなんていう奴は怪しい。ほっといてくれ」
黒いスーツの男は上着の内ポケットから名刺を出した。
彼の名刺にはルシファー製薬、営業部長と書かれていた。
「怪しい者ではありません。あなたの奥さんに世話になった者です。怪しいと思われるのもしょうがありませんが、この薬は秘密の新薬です。けっして麻薬や毒物ではありません」
「妻の知り合いだと・・。聞いたことがない。益々怪しい。あっちへ行ってくれ」
「わかりました。薬は気がむいたら飲んで下さい」
そう言うと、黒いスーツの男は立ち去っていった。

そのあと、何杯か飲んでいる。
すっかり酔いが回っている。
「悲しみを和らげる薬だと。どうせ麻薬みたいなものだろう。まあいい。麻薬でも何でもいいから、この気持ちを抑えてくれるなら何でもいい」
そういって錠剤をつまみ上げ、口に入れた。

一分後彼の表情が変り始めた。
ぎらぎらとした絶望の光が目からなくなっていったのだ。
彼は大きなため息をついた。
「悲しんでばかりいたら、天国の妻や子供が心配するだろう。しょうがないことなのだ。私は妻と子供の分まで生きないといけない」
そう言うと、しっかりとした足取りで立ち飲み屋から出て行った。

スポンサーリンク

「悪魔の兄貴、うまくいきましたね」
路地の隅で、小悪魔がスーツの男にささやいた。
「ところであの薬は何だったんですか」
黒いスーツの男は、煙草に火をつけながらつぶやいた。
「寿命を20年早める薬だ」
「あの男は、ほっといても悲しみを忘れていく。しかし忘れるまで20年かかるのだ。だからその20年分の寿命を1瞬で頂いたわけだ。悲しみは、時間がたたないと救われないのさ」
「なるほど」
「さー小悪魔よ。この方法で寿命をいただいてこい。街にはそんな悲しみを持っている奴が大勢いるからな。お前は成績が悪いから正式の悪魔になれないのだ。ただしこの薬は本人が自分の意思で飲まないと効果がないんだぞ」
「へい、分りました。それではこの薬と名刺はもらっていきます」
そういうと、小悪魔は闇の中に消えていった。

黒いスーツの悪魔は煙草を靴でもみ消しながらつぶやく。
「あいつの寿命は90才だ。20年もらっても70才まで生きる。若い時代を悲しみで暮らすより、寿命が短くなってもその時間を1瞬で費やしたほうがあいつの為になる。あいつは絶望的な悲しみの時間をあじあわなくてすむし、俺は寿命を頂ける。Win-Winの取引なのだ」
そして悪魔は闇の中に消えていった。

しかし、考え方によっては優しい悪魔なのかも知れない。

悪魔

関連:

スポンサーリンク
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です