宇宙からの便り

「今年はこのバラ達は、咲かないのかね」

「そうねー。残念だわ。他の花も元気がないね」

「もしかしたら、肥料が良くないのかもしれないな。明日ホームセンターの田中さんに聞いて見るよ」

老夫婦は、家の庭で静かに話し合っていた。

「博士、世界中から妙な報告が続々と入っています」

「ほう」

世界植物研究所の助手は博士に言った。

「世界中の植物の生育が、年々下がっているということです。やはり地球温暖化のせいでしょうか」

「それはあるまい。今の地球の大気の成分のうち二酸化炭素の割合は0.03%である。

温暖化などと騒いでいるが0.04%程度になったと騒いでいるだけだ。植物にとって一番元気になれるのは、炭酸ガスが30から40%という結果が実験室では出ているんだ。

今の地球上の植物たちにしてみれば、食糧不足で苦しんでいる状態である」

「そうなんですか。それなら何が原因なんでしょうか」

「さっぱり、わからん」

うーんと、博士と助手は考え込んでしまった。

「所長、最近星の瞬きが弱くなってきたようなのですが、何が原因なんでしょうか。」

日本天文台の研究員は所長と話している。

「そうだな、まあ星は無限といっていいほどあるし、宇宙の重力の変化も考えられるしな。

それよりも、太陽光線に関して、僅かな揺らぎのようなものが観測されている。

太陽の黒点のせいだと思われるがこっちの方が心配だな」

「いいか。ここは試験に出るぞ。光合成という働きをもう一度復習する。

光合成とは光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程だ」

講師はカツカツと黒板に要点と説明を書いた。

「地球の酸素を多く含む現在の空気は、光合成のおかげで出来たと考えられている。まったく植物は偉いよな。

植物ってのは34億年も前にすで存在していたらしい。

恐竜は2億万年前、人間にいたっては400万年くらい前だからすごい。

いいか、明日試験だから、ここだけは覚えとけよ」

沖縄のとうもろこし畑で、兄弟が話している。

「兄貴、年々とうもろこしの収穫が、だんだん少しづつ落ちているよ。まあほんの少しだから、そんなに心配しなくていいと思うんだけど」

「そうだな。だけど不思議なのは、種をまいても芽が出てこないものが増えてきたのがわからないな」

「兄貴、大丈夫さー。この沖縄のきれいな自然が、俺たちを守ってくれるさ」

弟は大きく深呼吸をした。

植物たちは、感じていた。

太陽からの光と、はるかな星の光が伝えている事を。

植物は光だけで生きている。

人間たちにはわからないが、植物は地球上に誕生してきた時から、宇宙と交信し続けてきた。

光には不思議な性質がある。それは光は波であると同時に粒子なのだ。

その理由を人間はわかってはいない。いや永久にわからないだろう。

光は存在する事と伝える事を同時にやっているからである。

その光は、ビックバン以来、宇宙中に広がっていき、宇宙意思を伝え合っていたのである。

地球は消滅してしまう。

宇宙に戻る準備をしなさい。

動物種には感じ取れない通信手段で、伝えてきている。

燦々と降り注ぐ太陽光線

きらめく天空の星の光

それらの通信を、葉を広げ花を咲かせながら植物たちは、受信していた。

その通信の始まりは、100年ほど前からだろうか。

少しづつ、途切れ途切れだが確実に伝わっていく。

そして、植物は出発の為の準備を始めだした。

宇宙を旅できる頑丈な種子となって、地球が滅亡するときを待っているのだ。

あと50年か100年後かわからないが、地球の滅亡する。

隕石か太陽の黒点のせいかわからないが、宇宙意思は宇宙生物である地球の植物たちに、未来を伝えていたのだ。

しかし地球上の動物たちはその事を知らない。

公園のサクラの下で、幼稚園児たちは騒いでいる。

突然風が吹き、花びらが園児たちの頭上を舞う。

「先生、花びらは何故散るの」

ちいさな女の子が先生に尋ねる。

「そうねー、この花びらはみんなに何か伝えようとしているかもしれないわね。

先生はニコニコしながら答えた。

1枚のサクラの花びらが、小さな女の子の額に張り付いた。

「先生、この花びら、さようならって言ってるよ」

そう先生に言おうとしたが、先生は帰り支度のためみんなのほうに歩いていっていた。

「サクラさん、さようなら」

小さな女の子も先生のほうへ駆け出した。

https://yuru-illust.com/p92/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする