導くもの

 
漁のため一艘の丸木船が海を漂っている。
 
太陽は沈み回りは真っ暗になっている。
 
少し潮に流されたらしく陸が見えなくなっている。
 
「チチ、陸が見えなくなった。帰れるのか」
 
心配そうに少年はチチに聞く。
 
「息子よ、心配するな。夜空の星が陸地の場所を教えてくれるのだ」
 
「夜空の星?」
 
「そうだ、あの星はいつもあの位置にある。その星を見つければ迷う事はない」
 
チチが夜空を指差した先には、北極星が光り輝いていた。
 
 
三千年後の現代
 
四輪駆動の乗用車が夜の山道でハザードランプを点滅させて停車している。
 
中には親子が乗っている。
 
「パパ、どうしたの」心配そうに子供は尋ねた。
 
「大丈夫他だよ。少し道に迷ったらしい」
 
車のカーナビはかなり古く、道路情報が更新されていない。その為旧道に入り込んでしまったようだ。
 
男はスマホを取り出した。
 
マップを立ち上げ現在位置を確認する。
 
「わかった、戻ろう」
 
「パパ、スマホのほうが利口だね。スマホってどうして道がわかるの?」
 
息子は男に聞く。
 
男はドアを開け外に出た。
 
「ほら、お前も出てきて空を見てごらん。星がきれいだ」
 
「うん」そういうと子供も外に出る。
 
回りは人家もなく真っ暗だ。
 
「いいか、夜空には星が沢山光っている。そして私たちに場所を教えてくれる星があるんだ」
 
「あっ、知ってるよ。北極星でしょ。学校で習った」
 
男はにっこり微笑む。
 
「ちがう、人工衛星さ。私たちの夜空に止まっていてくれて電波を出してくれるんだ。それをGPSって言うんだよ。」
 
「そうなんだ」息子はうなずく。
 
男は運転席に乗り込んだ。
 
「さー、お母さんが待ってる。出発しよう」
 
「うん」息子も乗り込む。
 
男はエンジンをかける。
 
「ねえパパ、人工衛星も星でしょ。夜空の星は役に立つんだね」
 
男は大きくうなずく。
 
そしてアクセルを踏み、車は夜の道を発進した。
 

そうだ。
 
北極星が人工衛星のGPSに変わっただけだ。
 
何千年もの昔から、私たちは星に導かれている。
 
男はまた大きくうなずいた。
 
そして、アクセルを踏み、車は夜の道を発進した。
 

人工衛星

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする