アパートローンを利用

スポンサーリンク

bil-13

アパートローンを利用して購入できる不動産は、基本的には賃貸不動産で建物および敷地を購入するために利用が出来、それ以外にも増改築や修理にも対応しています。

いわゆるローンですが、投資目的で借りるわけですので、住宅ローンと比べると違いが出てきます。

まず、金融機関の審査基準が、住宅ローンと違ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アパートローンの審査基準

住宅ローンで最も重要視されるのは、本人の年収による返済能力の安定性になりますが、アパートローンの審査の重要性は、対象となる事業の採算性になります。

また、住宅ローンは本人が住む住宅を購入するためのローンですので、よほどの事情がない限り、返済が滞る事がないと考えられていますので、それに見合う審査基準がもうけられていますが、アパートローンは投資目的ですので審査基準が高く設定されているのです。

さらに、住宅ローンとアパートローンでは金利の設定が違い、アパートローンは各金融機関の考え方の違いにより、かなりの幅が出てきます。

bil-68

メリット

不動産投資を実行する際、アパートローンを利用する事でメリットがあります。

ローンを利用する事で、全額自己資金から出す事がないため、少ない金額で高い利回りを受ける事が出来るというレバレッジ効果を得られるという事になります。

また、条件のいい物件を発見した際、自己資金を貯めていなくても行動に移せますので、投資のチャンスを見逃す事がないといえます。

デメリット

しかし、メリットだけではなくデメリットも当然あります。

不動産投資のためのローンですから、返済はその投資で得た利益で返済をするのが一般的です。

アパートローンの対象はアパートですから、そのアパートに人が住む事で収入が発生しますので、アパートの空き室が多くなった場合返済が難しくなってしまいます。

また、投資ですので他のもっと有利な物件を発見した時、今の物件を売却すればいいのですが、ローンの残高が残っている場合抵当権の設定により、売却できなくなります。

つまり、アパートローンで投資を始める場合、自己資金とは違い、ローン返済の事を計画的に考えないと、有利な投資を実行できないという点があります。

アパートローンは各銀行で色んな違いがあり対象となる物件に関して地域制限があったり、金利が固定、変動を指定されたりと、銀行ごとの違いを知らないと素早い投資が出来ません。

また、多くの銀行のアパートローンの場合、新築を基本的に設定していますので、中古物件の購入に対応しているローンが少ないという点もあり、ある特定の案件のみに対応しているローンです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA