アパートローンを申し込む

スポンサーリンク

サイン

アパートローンを申し込むには、その金融商品がある金融機関にいって申込みをします。

銀行や金融機関は、様々なローンを金融商品として持っていて、使い道を限定しているのが特徴で住宅ローンや教育ローンなどといったものがあり、アパートローンもその中の一つになります。

概要は不動産ローンと同じなのですが、使用目的をアパートという物件に限っており、賃貸住宅の建築や購入、リフォーム資金を目的とした場合のみ利用できるという金融機関が多いとされています。

このローンを利用する方は、不動産を所有していて、アパート経営を始めたいと思っている方や、現在アパート経営をしている人が、リフォームや修理の際の資金のために利用する場合が一般的です。

さらに、購入する物件に自分も住む場合、アパートローンと住宅ローンを併用できる場合もあり、その条件は各銀行で様々ですが、自分の住む住宅の面積の広さが条件となる場合もあります。

アパートローンは金融商品の一つですので、扱っていない銀行もありますので申し込む際は、ホームページなどで確認しましょう。

アパート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アパートローンを申し込む際の審査

アパートローンを申し込む際の審査ですが、基本的には20才以上であり、職業に就いている人が対象になります。

主な審査ポイントは住宅ローンなどと違いますが、やはり重要なのは収入など、その人の資金力になります。

職業や勤め先、勤続年数もポイントになり、借り主の安定度が厳しく審査されてしまいます。
一番有利なのは公務員や大手企業のサラリーマンであり、安定した収入と解雇の心配が少ない人たちです。

自営業の方はその点不利になり、過去3年間の所得が対象とされ、右肩上がりに所得が上がっている場合を除き、収入が高くても不安定な状況の場合、マイナスポイントになってしまいます。

銀行のアパートローンの場合、他のローンと同じように基本的には保証人が必要になりますので連帯保証人がいない人は、アパートローンは申し込めても、審査にとおりません。

ノンリコースローン

しかし、この保証人制度は時代とともに変ってきており、保証人重視の銀行の融資を改善するようにという動きがあります。

ノンリコースローンというのがあり、ローン返済が出来なくなっても、個人にその残高を返済させない形態で、審査で重要視されるのが物件の収益性と物件の資産価値のみになり、個人の信用は重視されなくなります。

このようなローンの場合、個人の状況より購入したい物件の信用度が大切なので、保証人なども必要なくなってくるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA