相続税対策のアパートローン

スポンサーリンク

お金

スポンサーリンク
スポンサーリンク

評価額を減らす工夫

アパートローンでアパートを購入すると、その土地は貸家建付地という事になり、資産としての価値が下がり、相続税が安くなり相続税対策に有効とされています。

さらに貸家建付地という評価に加えて、小規模宅地等の評価減を加えるとさらに資産の評価を下げる事が出来、アパートローンの残高も債務控除となり、相続税は大幅に減少できる様になります。

相続税というのは、資産を相続する際に支払わなければならない税金で、高額の資産を相続する場合半分ほど税金で差し引かれてしまいます。

日本の相続税に関して政府の見解と、見識者では意見が異なり、高いという方が多くいます。
戦後財閥解体などで、富の不平等さを是正し、富を再分配するという事で相続税はスタートしていますので、個人の資産が高額であればあるほど税金が高くなる累進課税になっています。

資産は評価される事によって、金額が決まりその評価額が税金となりますので、節税対策の場合、評価額を減らす工夫が必要です。

アパート

アパートローンを組んで、自己所有の土地にアパートを建てれば、その土地は丸ごと資産という事ではなくなり、評価額は減免されます。

さらに、アパート経営ですので、収入も出てきて、土地の有効活用以外にも資産をさらに増やすという効果が期待できるのです。

木造住宅のアパートの場合、20年たてば価値がゼロになってしまいますが、その土地にアパートが建っている以上、土地の評価額は安くなったままで、節税対策として有効です。

中年

アパートローンは借金

しかし、それはアパート経営がうまくいっている場合に限りますので、税金対策だけで、アパートローンを利用してアパートを建てるという考えは、危険だといわれています。

アパートローンは借金になりますので、借りている本人にかかる税金は安くなるのですが、そのアパートから収入がなくなれば、返済は資産から行なうことになります。

つまり、節税というより、資産が減少していくことになり、最終的には損をしてしまうという結果になりますので、十分な計画が必要です。

アパートローンは相続税対策に有効なのですが、資産が減る場合があるリスクを背負うということに結果的になってしまいます。

税金は安い方がいいのですが、その節税だけに苦慮するのではなく、資産の減り具合のリスクを考え、バランスが重要だということになります。

資産の有効利用で多くの方が不動産事業に手を染めていますが、失敗して借金だけが残ったという事例も多く、その活用には専門家の知識も必要だということになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA