サブリース(家賃保証)とは?

スポンサーリンク

アパート

アパート経営の場合、空き室が出なければ順調に経営が成り立ち、利益が出るのですが、空き室が出ると、その分利益が減ります。

空き室がふえ始めると、安定した収入は見込まれずに、アパート経営者はアパートを建てるためアパートローンなどで借りている場合が多く、ローンの返済もままならない状況に追い込まれることになってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サブリース

サブリースは、不動産会社がアパート全体を借り受け、アパート経営者と契約を交し、そのアパートで得られる家賃分を保証するというサービスです。

アパート経営者は、アパートの管理と運営をその不動産会社にゆだねて、一切関知しませんので、管理の手間も省け税務上の手続きなども簡単になり、サブリースの契約内容が家賃保証という場合、空き室があっても家賃分の収入が入ることになり、安定した収入が見込めるサービスです。

また、賃貸にありがちな住民のトラブルも家賃滞納などが起こった場合も不動産会社が対応してくれることになります。

トラブル

サブリースのメリット

サブリースは不動産会社にもメリットがあり、家賃収入の8割から9割の契約で、一括して家賃を持ち主に保証という形で支払うことで成り立つのですが、アパートを建てる経費を節減できた上、アパートがうまく運営できた場合、1割から2割の利益を得ることが出来ますので、現在大手不動産会社では、このシステムをほとんどの賃貸住宅で導入しています。

アパート経営は、土地と建物があれば、素人でも出来るのですが、借りる人の数が減り始めると競争が始まり、それを乗り切るためには宣伝などの経営ノウハウが必要になってきます。

一般の人が、資産運用と節税対策のためだけに建てたアパートの場合、宣伝などの営業のノウハウもなく、また時代の流れに合わせた部屋造りなども理解できていない場合が多く、居住者獲得競争になった時点で、アパート経営が行き詰まってしまう場合があります。

サブリースの場合、経営と運営するのは不動産会社ですので、その点のノウハウはしっかりと持っていますので安心感があります。

サブリースの危険性

いいことずくめのサブリースですが、サブリースを契約した会社がいい加減だったり、破綻した場合、その後の入居者との交渉はオーナーが行なう事になり、引き継ぎ事項がうまく伝達されていない場合、トラブルは長期間続くこともあり、アパート内の修繕をちゃんとやっていない会社の場合、多額の費用をかけて修繕をするという事態も起こってきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA