サブリースのデメリット

スポンサーリンク

老夫婦

サブリースは家賃保証ともいい、賃貸住宅の運営管理をやってくれるので、一定の金額がオーナーに入り、収入が安定するシステムです。

アパート経営は、比較的安定している商売ですが、時代の流れと周辺住民の移動や減少に大きく左右され、新規にアパート経営を始めようという場合、住居人獲得の為の宣伝など大きな不安が付きまといます。

その点サブリースシステムは、不動産会社が、一括して賃貸住宅を借り上げてくれ、家賃の8割から9割を払ってくれるシステムですので、賃貸住宅のオーナーにとって、大変便利で得になるシステムです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デメリット

ただ、すべてがいいことづくめではなくデメリットもあります。

サラリーマン

まずサブリースを行なう会社の信頼度が大切で、信頼度のないサブリース会社と契約を結ぶとあとあと大きなトラブルに巻き込まれたりします。

契約を結ぶ前に、サブリース会社の事業計画を確認して下さい。
計画案が不透明で心配な部分がある場合、率直に説明を求め、納得できない場合は複数のサブリース会社に打診をしてみるのも賢明です。

契約するサブリース会社に建物の管理実績があるかも重要で、契約終了後のことも考えメンテナンスがしっかり出来ることも大事です。

アパート経営ですので入居者募集が常に必要で、そのようなノウハウをサブリース会社が持っていることも重要なポイントとなります。

サブリースのデメリットは、経営管理を依頼するので、家賃収入の内8割から9割しか入ってこないということになりますので、まずその事を認識しておかなくてはなりません。

管理運営会社は、空き室がある場合、損をすることになりますので、契約時に家賃を相場より安めに設定する場合があります。

設定された家賃が安ければ、入居者は確保しやすいのですが、家賃収入は確実に減ってしまいますので、最初の契約時に確認しなければなりません。

免責期間というのをサブリース側はもうけており、新築の場合最初の3ヶ月は免責期間ということで、家賃の保証をしないところがあります。

その期間には、オーナーには一円も入ってきませんので、確認が必要です。

家賃の減額を要求

一番大きなデメリットは、契約期間中入居者の入りが悪いと、家賃の減額を要求されることで、承諾してしまえば、家賃収入は更にへってしまいます。

その場合不服があり、承諾しなければ、サブリース契約が会社の方から契約を破棄されるケースもあり、途中で放り出される格好になり、その後のフォローは大変な労力が必要になってしまいます。

トラブル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA