サブリースのメリット

スポンサーリンク

中年の夫婦

アパートを一括して借り上げてくれて、家賃を保証してくれるサブリースシステムはアパート経営者にとって、とても利便性の高いシステムです。

節税対策の為に所有する土地にアパートを建てると、譲与税の減税を受け大きな節税効果になります。

その為にアパート経営をする人も多いのですが、基本的に経営に関してアマチュアですので、経営のノウハウはなく、いたずらに空き室を増やしてしまい、節税どころか手持ちの資産まで目減りをしてしまう結果になりがちです。

サブリースというやり方を利用することで、管理運営を不動産会社に委託でき、家賃保証という形で、収入になるべき家賃の8割から9割の利益が入ってくるということになります。

不安材料として、サブリース会社から家賃を下げる要求を受けたり、メンテナンスのための建物を作れという指示などもあり、悪質なサブリース会社と契約すると大きなトラブルになりかねません。

マンションー中古

大手の不動産会社では、ほとんどこのサブリースシステムを採用しており、賃貸物件を持ち主と運営会社という二つに分けることは、現状に即したシステムといえるのです。

管理運営会社は、資金を持たずに運営できる賃貸物件を手に入れることになり、業績が良ければ、固定した収入が得られることになり、オーナーである持ち主は、経営のノウハウがなくてもアパート経営が出来て、節税対策などをすることが出来、運営に関して入居人とのトラブルなどは運営会社が責任を持って行なってくれるので、関与しなくてもいいなどの利点があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最大のメリット

最大のメリットは空き室があったとしても、全室分の契約金が入ってくるということは、アパートローンなどで建てている場合、返済が滞りなく行なわれ、オーナーにとって安心を確保できるのです。

また、アパート代の値下げ要求にしても、正当な理由があり、その方が結果的に収入の確保に繋がるということであれば、その要求は正しいと判断しても良く、サブリース会社の信頼度によって、その評価は分かれていきます。

サブリースを利用するデメリットとメリットは、オーナーがどのような形でアパート経営を捉えているかという点につき、サラリーマンの副業なのか、節税対策なのか、事業なのかで大きく見方が変ってきます。

bil-89

節税のために大きな賃貸マンションを計画している場合、経営経験のない個人で運営するには無理がありサブリース会社を利用するというのは正しい選択であり、経営能力のある方はサブリースを使わないという選択も正しいといえます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA