駐車場経営

スポンサーリンク

駐車場

駐車場経営のメリットは、空き地を所有する人にとって少ない投資で始められ、その後の活用にとって選択肢を残した利用方法であるという点です。
空き地の有効利用という点では、アパート経営など建物を建てて、利益を出すというのが一般的ですが、経営を行なう以上、必ずリスクが伴います。

ところが、駐車場経営の場合そのリスクが極端に低くなります。

例えば投資額がゼロでも、平地であれば駐車場として活用できますし、その駐車場の立地が良ければコインパーキングの機械を導入して、回転率を上げていくことで売り上げを伸ばすことも出来るのです。

しかし、他の遊休地利用からすれば、やはり利益が少ないのはしょうがなく、その経営はその土地の所有者の状況次第といえます。

コインパーキング

最近流行っている無人パーキングの仕組みは、土地をオーナーが提供し、運営会社が整地をしたり、機械を取り付けたりしていくシステムが主流で、土地のオーナーには一定の金額を支払っています。

駐車場経営といっても、ビルを建てて駐車場専用にしたり、立体駐車場などもあり、この場合は利益を見据えた経営となっていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経営のリスク回避と節税対策、将来の転用を視野に入れた資産確保

一般の遊休地を利用した駐車場経営は、消極的な経営といえ経営のリスク回避と節税対策、将来の転用を視野に入れた資産確保の意味合いが強く、遊休地の活用としては手頃だということになります。

また、少ない予算で始められて、経営に関して難しさもなく、少ないといえども毎月現金収入がありますので、損になることはありません。

また、資産をたくさん持っている方の場合、相続をした際相続税がかなりの額になってしまいますが、手持ちの現金が少ない場合、駐車場はすぐに売りやすく、税金の支払いようとして確保されている方もいます。

駐車場は固定資産税がかかり、減税措置がない

駐車場は宅地ではないため、固定資産税がかかり、減税措置もありません。

これを回避できる方法として200平方メートルまでの土地は50パーセント評価減できるという、小規模宅地の特例の適用を受けるためコンクリートやアスファルトで敷地を覆ってしまう方法もあります。

老夫婦

いずれにしても、消極的な活用方法なのですが、遊休地をいつか転用できる機会を待つという意味では、経営のチャンスがあった時にその土地を転用できたり、売却して資金に変えたりすることが出来るのは、大きな強みという事になり、見た目は消極的な活用ですが、将来に対するリスク回避という意味では、一番有効な手段であり、大きなメリットといえます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA