駐車場経営のデメリット

スポンサーリンク

駐車場

駐車場経営のデメリットとは、利益が少ないという点にあります。
駐車場経営は、少額の資金ですぐ始められ、経営ノウハウも必要ではないため遊休地の利用として、多くの場所で始められています。

しかし、宅地ではない事と、基本的には更地と同じ評価を受けるので、固定資産税が高めに評価されてしまいます。

また、駐車場で得た利益に関しても、その為の経費がほとんどないため、利益がそのまま課税対象になってしまいます。

遊休地の有効活用として始めた駐車場だけど、節税の効果はほとんどないという事になり、デメリットといえます。

資産運用の事を真剣に考えた場合、一番いい遊休地の利用法は賃貸経営といわれています。

駐車場経営のメリットである、リスクが少ないということは、そのまま利益が少ないということであり、その土地が駐車場に向いていない土地ならば、固定資産税を払うだけという結果になってしまいます。

駐車場に向かない土地とは、人の往来が少ない場所で、駐車場にしてもお客がいない可能性があり、逆に往来が激しい一等地である場合は、固定資産税の評価が高く、駐車場経営の売り上げではまかないきれない場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

駐車場のトラブル

車

また、駐車場というのは、予測の出来ないトラブルの起こる場所で事件、事故などが起こりやすく、管理などの責任を問われてしまいます。

すべての駐車場経営がまったく駄目だということではなく、有効な駐車場経営もあり、将来のために今は駐車場にしているが、今後何かに転用するために駐車場にしているという土地所有者の方の場合、そのデメリットを認識するだけで様々な方法を考えるきっかけになる場合があります。

駐車場経営の問題点はその土地の立地にあります。

駐車場経営がうまくなりたっていくには、その土地の立地条件が重要になってきます。

逆をいえば、駐車場経営は場所に左右されてしまうというデメリットが存在するのです。
人通りが少なく、賃貸アパートも数もあまりない場所では、集客は見込めなくなってしまいます。

収益にあまり興味がなく、駐車場を経営しているつもりがなくても、代金を取って駐車場を開業していますので世間の人は管理責任を当然求めてきます。

トラブル

その駐車場のトラブルが起こった場合、呼び出されて苦情を聞かされるのは必至であり、また、駐車場を転売しようとしても駐車場に契約者が入れば、近所の人間関係の手前すぐに契約解除とはいかなくなってしまいます。

法的には処理できることですが、安易に駐車場を経営すると、人為的なことで振り回されるリスクを背負ってしまうのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA