ミニチュア加工の写真

昔から、写真は嘘をつきとおしている。
 
それは写真を職業にした20代から知っていた事である。
 
今更こんな事を書くまでもないが、最近のスマホの写真の画像処理機能の蔓延に、つい書いてしまった。
 

免許更新で写真がいらなかった

車免許の更新があり、更新通知に必要なものと書いていた3X2.4cmの証明写真を持参して、新しい警察署に出かける。
 
その時入り口で「持ってきた写真は使いません」と、係の警察官に言われ、少し鼻白んだが、そのまま免許更新のラインに乗り、更新が終了する。
 
その間、別室で写真を1枚撮られ、それが新しい免許の写真となっていた。
 
少し納得がいかなかったが、そこそこちゃんと撮れていて、文句も言わずに警察署を出る。
 
署で撮影するなら、葉書に写真を持ってこいと書くなと思ったが、気を取り直して免許更新のHPを見てみる。
 
申請用写真の要件について
スマホで撮影された場合などで、基準に満たない写真を持ち込まれる方が増えています。
申請用写真の要件を十分に満たす写真の提出をお願いします。長崎県警察
 
 
 
なるほどね。
 
スマホで画像処理をした写真を持ち込むやつが多いんだ。
 
ついに素人が持ち込む証明写真も信用されなくなったんだな。
 
やや苦笑いである。
 
ふと思う。写真はなんのために存在するのだろうか。
 
やはり、時間を切り取るためにと思うのだが、その貴重な証拠写真が、いとも簡単に改変される。
 
やや複雑な気持ちだ。
 
まあ、もともと嘘つきでも、いい嘘をついてほしいなと思うのが関の山なのである。