長崎の写真屋 アートワークス Artworks
長崎便り
  • HOME »
  • 長崎便り »
  • 長崎の神社

長崎の神社

神仏混合の霊場 秋葉大権現

本河内高部ダムの傍に、妙相禅寺があり、その裏山に戸隠権現の鳥居があり、川の上流の小さな滝に、仁王様が祀られている。   戸隠権現の鳥居の上層部が、秋葉大権現の神域といっていいだろう。   ここには鳥居もあるが、弘法大師の …

烽火山登り口の戸隠権現

妙相禅寺の裏手の山道と石段を上がると、左手にある。   石段の途中には地蔵尊の祠があり、この道には宗教のにおいがある。   石ではなく鉄製の鳥居が3つあり、体裁は何とか保てているが、拝殿は朽ち果てる寸前であり、残念である …

紅葉スポット 妙相禅寺

初めての仏寺紹介である。   日本では仏教が日本に入ってきた時から、神仏習合が行われていたので、神社も仏寺も、日本人の祈りの場になっており、極端な区別をしないほうが、より深い理解が得られると思う。   しかし、仏寺は江戸 …

日見峠の入り口 松島神社

石の鳥居には松嶋神社とかかれ、拝殿の上には松嶋稲荷神社と書かれている。   石の鳥居には天保(1831年から1845年)の年号が刻まれているので、本当は松嶋神社が正解なんだろう。     立派な神社なので、ネットに詳しい …

本河内の水神神社

立派な鳥居があり、社殿もきれいな神社である。   由緒には、寛永に出来大工町に水神を建立したのが始まりであると書かれている。   寛永といえば、徳川家光の治世である。その後、炉粕町に移転、さらに銭座川に移転し、大正時代に …

本河内高部ダムの山大神

この祠は、本河内高部ダムの脇の通りにある。   山大神と立派な石に大きく彫られているので、信仰はあるのだと思われるが、祠の中には、名の前の書いていない社があり、どんな神様なのか見当がつかない。     左には水神と書かれ …

本河内の白髭大明神

烽火山の麓、本河内水源地のそばに、白髭大明神がある。   本河内水源地 本河内高部ダムの工事は、明治22年(1889)に着工、明治24年(1891)に完成したダム式としては日本初の上水道。このダムの水底には「幻の石橋」が …

免の外 女の都住吉神社

女の都は丘陵地を切り開いて造成された新興住宅地で、昭和40年代後半から開発が行われた場所である。   女の都という名前が珍しく、全国的に知られている町だが、旧名は乳母(めのと)と書かれている。   境内を見ても由緒書きが …

神様を寄せ集めた信仰 三川の五社大明神

長崎市三川町の高台の超細い道に、この五社大明神がある。   コンクリート造りの祠なのだが、赤い鳥居があるので神社と呼びたい。   五社神社(ごしゃじんじゃ)とは、日本全国に存在する神社の名称である。ウィキペディア と書い …

武家の神様 中川八幡神社

中川と蛍茶屋の電停のあいだ、日見のほうから見れば、新大工へ抜ける道の手前の歩道に一の鳥居がある。   小ぶりだが、ちゃんとした神社である。     由緒に、正保3年(1647年)、幕府の命でキリシタンの弾圧のために長崎に …

愛宕神社「下宮」

小島から浜町への近道の昔の道の途中にあり、現在は大きなマンションの裏手に愛宕神社「下宮」がある。大きいマンションが建ったため、道からは見えず、この辺りの道に詳しくないので散々迷ってしまった。   愛宕山は当時険しかったの …

天狗の住む愛宕神社「上宮」

長崎市内に愛宕山という山がある。標高224mの小ぶりの山である。   ここに愛宕神社の「上宮」がある。「上宮」があるという事は「下宮」もある。   「下宮」は小島から浜町への近道の昔の道の途中にあり、現在は大きなマンショ …

北浦町の大山祇神社 弥生古墳も存在

茂木の町から細い道を上り、小さな山を越えると、北浦町木場にある。   ここには若菜川が流れており、農業用ハウスがある静かな場所である。   ただ、この神社の入り口が林と同化しているように見え、探し出すのにかなり迷った。し …

荒れ果てた厳島神社(茂木)

厳島とかいて(いつくしま)と読む。   御祭神:市寸嶋比売命(市杵嶋姫命) 由緒:創建は不明   この小山は弁天山という。   弁天は弁財天のことで、もとはヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティーが、仏教に取り込まれた呼 …

作られた伝説の裳着神社

長崎市で最も古い神社で850年以上の歴史があるとされているが、神功皇后伝説が本当なら、1400年以上の歴史があることになる。 天正年間(1573~92)神社・仏閣等の焼き討ちがあり、社も廃絶に帰しましたが、寛永3年(16 …

ヤマトタケルの八剱神社

〒850-0833 長崎県長崎市東小島町5-5 電車の終着だった正覚寺というお寺の山手のほうに、八剱神社というのがある。 長崎辞典の解説 八劔神社(やつるぎじんじゃ)単立。永禄十一年(1568)、肥後・阿蘇宮の東源左衛門 …

左近稲荷神社

諏訪神社の三の鳥居の上の道を、西山の方に進み、西山神社の一之鳥居を過ぎて少し進むと、左近稲荷神社という大きな立看に出会う。 結構急な石段の参道を登ると、古びた社殿が見える。 締め切った扉には、紐のしめ縄がかかり、賽銭箱も …

北極星信仰の西山神社

所在地 長崎県長崎市西山本町8-18 西山神社   お諏訪さんを抜けて少し行くと、西山神社の一之鳥居が見える。   一見して古い雰囲気がある。   西山と呼ぶ理由 長崎県庁から見ると東側にあるのに、何故西山と呼ぶのかと不 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © アートワークス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.