長崎の写真屋 アートワークス
長崎便り
  • HOME »
  • 長崎便り »
  • 長崎の神社

長崎の神社

飯盛町川下 金比羅神社 弘法大師を祀る

場所は長崎県諫早市飯盛町川下。結の浜から川下地区へ行くと、墓地がありその墓地の中を進むと、金比羅神社の一の鳥居に出会う。 道沿いからは鳥居は見えないし、初見の人はまずわからないだろう。 参道になっている山道をかなり登ると …

諫早 栗面(くれも) 貴船神社

諌早市栗面町295番地。祭神 大海神(おおわだつみ)。創建1775年。 もともと栗面町の氏神。この地域が海岸で埋め立てられる際に大海神を祭神として祀られたことが始まりという。 道路沿いにある神社は宮大工の手により造営とあ …

長浦町 瑠璃光殿(るりこうでん) 薬師如来を祀る神社

琴海の長浦町。幹線道路より山側にある道路に面している。 立派な鳥居があり境内も広い。 鳥居の神額には「瑠璃光殿」と書かれている。 瑠璃光とは薬師如来の事で、この神社は仏様を祀る神社なのだ。 ここを神社と言っていいのかわか …

神浦(こうのうら) 神浦神社

長崎市神浦江川町816。神浦の商店街の中にある。 真っ直ぐに伸びたコンクリートの参道があり、白く見える鳥居が眩しい。 神社は古いが、掃除が行き届いていて凛とした趣きがある。 由緒には、寛政8年(1796)に石垣を築き境内 …

西小島 梅香崎天満宮

長崎市西小島1-1。大きい神社で由緒もある。 丸山方面から歩くと、大きすぎる楠のある楠稲荷神社があり、その先には大徳寺公園、さらにその先に梅香崎天満宮がある。 新地中華街と思案橋の中間、銅座川に面した大きな駐車場がある場 …

かき道 稲荷神社 昔からの聖地

かき道は、漢字では蠣道と書く。蠣は食べて美味しい貝の牡蠣のことだ。 貝なのに虫偏がついている理由だが、この虫は昆虫の虫ではなく、鳥・獣・魚以外の動物を指す。 なので蛤(はまぐり)、蜆(しじみ)などの貝類のほか、蛇にも虫の …

宮摺 竈(かまど)神社 樹齢350年の大クス

宮摺の集落の中を山に向かって走ると、右手に石碑があり、その下に竈(かまど)神社がある。 社殿の横には樹齢350年の大クスは巨大で、見る者を圧倒するほどの巨木。まあこの大クスを見るだけでもここに来た価値はあるだろう。 大ク …

飯盛町 歳宮 寺と神社の役割分担

飯盛の結の浜から内陸に伸びた道にある。バス停は大門。 歳宮と書いて「としのみや」という。 創建は元亀元(1570)年。戦国時代だ。 祭神は稲田姫命。おそらくスサノウのヤマタノオロチ退治の櫛名田比売(くしなだひめ)の事だろ …

平木場郷 岳の神社 神や仏の上にあるもの

長与町の平木場郷(ひらこばごう)、尾崎のバス停の前の小山に鎮座している。 バス停の前には長与川が流れていて、そこに架けられた橋を渡ると、左手に一の鳥居があり、由緒の書かれた掲示板がある。 岳の神社は明治34年に平木場郷〇 …

多良見 阿蘇神社 熊本とのつながり

諫早市多良見町化屋861。大きい神社だ。 境内も広く、社殿もしっかりしている。 祭神は健磐龍命(タケイワタツノミコト)、神武天皇の皇孫子、神八耳命の皇子とある。 由緒には、 阿蘇神社は天文3(1534)年、当時伊佐早一円 …

多良見 十六善神社 天然痘ウイルスとの戦い

  住所は諫早市多良見町西園627-2。 市指定有形文化財。 喜々津港の西側の一山超えた入り江、大草地域といえばいいのだろうか。 入り江の集落の山手にあり、神社へたどり着くと、右手に鳥居が二つ並んでいる。 左手 …

外海 大野神社群 宣教師アルメイダは「JIN-仁」

大野神社、門神社、辻神社のある地域を大野集落という。 隠れキリシタンが切り拓いた集落の景観を保持していて、集落内には重要文化財指定の大野教会堂がある。 大野のキリシタンは平戸島の領主であった松浦氏の家臣で春日集落を所領と …

畝刈 熱田神社

一の鳥居は畝刈児童公園にある。祭神が草薙劍。長崎に熱田神社があるのは珍しい。 草薙劍(くさなぎのつるぎ)の話はやや込み入っている。 草薙剣は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と呼ばれ、日本神話において、スサノオが出雲国で …

矢上 普賢神社

普賢神社は矢上の普賢岳(439m)の山頂付近にある神社。   ネットでは登山家の人たちがその行程を多く紹介しているHPが目立つ。   普賢岳といえば雲仙の普賢岳を思うが、雲仙の普賢岳は高さが1,359mで段違いに高い。 …

風頭 松姫稲荷神社

風頭公園の竜馬像展望台の下の方にある。   祭神は稲荷神社なので稲荷神、ウカノミタマだろう。   プロカメラマンの元祖、上野彦馬の墓の方からも行けるし、公園の方からも行ける。   社殿は赤いコンクリート造りで後の岩に直結 …

ビルの屋上 銅座稲荷神社

創建は1743年。現在の鍛冶屋町から、火除の神様として銅座に移転される。   銅座の飲み屋街なので、商売繁盛の稲荷神社は強く信仰されたと思う。   伝承 1.明治の初めの頃、銅座町付近に大火があったとき、お稲荷さんが神社 …

興善町 安豊稲荷大明神

長崎市興善町3-13。安豊は「やすとよ」と読む。   この稲荷神社は以前、現・長崎商工会館の北側に建てられていたとある。   その地域は以前、豊後町と呼ばれていた。なのでこの神社は、最初、豊後町稲荷神社だったらしい。   …

伊木力 熊野神社 千々石ミゲルと遺跡

住所は諫早市多良見町舟津1124-1。伊木力小学校のそばにある。   大村市の「宝円寺」の熊野神社からの分霊ということで、祭神は建速素佐男命、速玉男命(ハヤタマオノミコ)、事解男命(コトサカオノミコ)。   熊野神社は熊 …

1 2 3 9 »

スポンサーリンク

ユーチューブチャンネル

  1. 現在東京在住の者です。偶然サイトに立ち寄ってコメントしています。 稲佐の「月館」…

  2. 鬼もとさんでなければ、近所には港口さんという駄菓子屋がありました。谷口さんという…

  3. ありがとうございます。調べて頂いたのですねm(__)m稲佐警察署の近くの知人から…

スポンサーリンク

PAGETOP
Copyright © Artworks All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.